5月29日から6月3日まで開催されている、ちょっと変わった遊べる展示会。
それが『これはゲームなのか?展』です。
初めての今回は、【#1 ルールで世界する】の副題通り、ゲームかどうかわからない物を来場者が体験し、ゲームかどうか確認することが出来るというコンセプト。
昼休みを利用してトド吉と行ってきました。
外観
会場となる3331 Arts Chiyodaは、旧中学校を利用したアートセンター。
他にもさまざまなイベントが開催されていました。
正面入口をはいり、右にある階段で下りた先にあります。

入口
廊下(?)から覗いてみると、お昼なのに会場内はかなり人がいます。
会場内
会場にはいってすぐは、安東さんの大きなはんこアート。
会場内
会場を見渡すと、体験型展示なのでそれぞれ楽しんでいる様子。
とりあえず、入口から順番に見ていくことに。
以下、展示物の一部。
説明はしませんので、想像してみてくださいw
会場内

会場内

会場内

会場内 会場内

会場内

会場内

会場内

会場内

会場内
もっともっと展示物はあったんですが、遊ばれているところを撮るのもなぁということで。
会場内
物販コーナーを見ると、すでに3日目ということもあり品切れ多数。
ここで購入するものにチェックを入れ、入口にある会計に持って行く仕組み。
せっかくなので、空いてる展示物で遊び、欲しかった物をいくつか購入しました。
昼休みは短い・・・
13時半を過ぎる頃に来場者が増えてきたので、会場を後にします。

実際行ってみた感想は、とにかく楽しい。
そして、やはり「GAME」だと感じました。
ルールの有無すら関係なく、楽しんで遊べる・考えることが出来るのなら、それはもうゲームじゃないかな?
今回、私はトド吉と行きましたが、誰かと一緒に行ったほうが良いですね。

今日は平日だったのにも関わらず、昼間から来場者が多かった印象。
これで終了ともなれば、もっともっと混雑するのではないかと思います。
ただし、この楽しい展示会は今週末までの開催。
気になった方は、ぜひ覗いてみてはいかがでしょう?

これはゲームなのか?展 https://is-this.a-game.tokyo/
会場となっているアーツ千代田3331はこちらです。