・アベニュー
 Avenue(Aporta Games:2016)


アベニュー

自分のシートに道路を書き、ブドウと農場、城をつないで得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、自分用のシートとえんぴつを持ちます。
ゲームは5ラウンドで、各ラウンドでは指定の農場とブドウを道路でつないで得点にします。
ただし、6つある農場のうち5つしか出てこないこと、書き込む道路は指定の形で書き込むこと。
ラウンドのはじめに農場カードを公開し、道路を書いてつなぐ農場を決めます。
以降、道路カードの山札から1枚めくっては、シートに書き込むか農場カードをこっそり見るかの選択を繰り返します。
農場カードを覗けるのは、1ラウンドにつき1回のみ。
黄色い道路カードが4枚出たら、ラウンド終了で得点を計算します。
次のラウンドへ進み、農場カードを1枚公開して農場を指定します。
あとは、道路カードをめくっては書き込んでいくのは同じ。
ただし、前のラウンドよりブドウの数が多くなるように道路を書くので、達成出来なかった場合はマイナス点です。
これを5ラウンドやり、最終得点計算をして、もっとも得点の高い人が勝者になります。

最初のラウンド、得点計算するのは農場E。
ここを起点にして、5回の得点計算目指して書き込んでいきます。

「まずは3ね」

このL字型というのは、方角さえ合えば重宝するけれど、たいていは欲しい方角を向いていないw
最後の得点計算では、ブドウの色と城の色が合っている分も計算されるので、どちらでも得点がはいってくるようにつなげたい。
カードの平面はグレーだったので、どんどん進みます。

「今度は6ね!」

静かに自分のシートへ書き込む。
まっすぐが出てくるには、ちょっと早いような気がして・・・
最初のラウンドは、割にあっという間。
問題は2ラウンド目以降。

ここで農場カードを覗くのが生きてくる。
次にどの農場なのかわかっていれば、まだ手は打てる。
実際は、農場見ているより書き込んだほうが早いわけで。

ラウンドが進むにつれ、どんどん苦しくなってくる私のシート。
正直、トド吉のシートを覗く余裕すらない。
ひたすらカードをめくっては書き込む繰り返し。
気付けば、城に到着するルートが、1本しか残っていなかったり。
4ラウンド目で、またしても前の数をこえられなくて0。
0はマイナス点なので、出来るだけ書き込みたいのです。
でも現実はそこまで上手くないw

カードをめくる手もスピードアップしながら、お互いに待っているのは3。
運が良かったのか、最後の最後で出てきたので、これで城と農場がつながった。
しかしトド吉のほうが、すごい得点を出していた。
結果は大差で敗北。
ぎりぎりダブルスコアにならなかったので、満足していますw

同じ系統のゲームとして『ドゥードゥルシティ』があるけれど、そっちより新しいのがこちら。
大きな違いは、ダイスを振るかカードで指定された形を書き込むか。
得点計算しない農場があるので、思った通りに得点がのびない点を含めて、こっちのほうが難しく感じたかな?
でも楽しさはこっちかなw
ペンを使って書き込むゲームは、黙々と遊んでしまって静かになりがちだけど楽しいです。