・ファブランティカ
 Fabulantica(LOGIS:2017)


ファブランティカ

おとぎ話の世界を旅し、依頼人が探している人物を見つけていくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

大きなボードに描かれているのは、おとぎ話の世界「ファンブラティカ」。
描かれた建物には塔が置かれ、この中にはおとぎ話登場人物が隠れています。
よく混ぜた旅カードを各プレイヤーに5枚ずつ配ります。
依頼カードは裏向きのまま山にし、表向きで3枚並べておきます。
ゲームの目的は、依頼を達成することで得られる金貨を集めること。
手番がきたら、表向きになっている依頼カードの依頼人をよく確認します。
次に目的地を選び、そこまでに必要な旅カードを捨て札にして移動します。
移動先に塔があるなら、持ち上げて確認します。
この時、依頼人がいたなら依頼カードを受け取り、自分が持っている依頼カードのたずね人だった場合は、任務達成でカードを裏向きの金貨にして手元に置きます。
最後に、旅カードを2枚補充もしくは交換したら、手番終了。
これを繰り返し、誰かが金貨を3枚獲得したら、その人の勝利でゲーム終了です。

SPONSORED LINK

自分の手番までに、誰かが探している人物を出してくれるのを期待しつつ。
現実はそう上手くはいかないわけで。

序盤は、塔を開けて依頼人だったらラッキーな感じで。
それまでに開けられていなかったら、まだ誰も開けていない塔を狙って移動。
移動方法は、エルフェンランド方式なので、その道にあったカードが出せればどこまでも。
ただし補充は2枚。
ある程度カードをためこみながら、ウロウロして探す感じ。
ところが、トド吉の手番で依頼人が出てしまってカードが取られてしまう。
新たにめくられたカードには、まだ見ぬ依頼人。
ここだ!とあたりをつけて塔を開けてみると・・・はずれw
実はずっとこの繰り返しで、他の人が目的達成しているのを眺めているだけの人に。

さすがに1枚くらい目的達成して金貨が欲しい。
そうこうしてるうちに、トド吉は2枚達成。
偶然と記憶が必然に変わるというか・・・がっかり。
しかも覚えていたはずなのに、どんどん忘れていく。
塔を移動しなきゃいけないので、がんばって覚えていたはずなのに覚えていない。
まだ開けていない塔がどこの塔かすら、誰も覚えていなかったり。

「うわ!はずれ!」

それが他の人へのヒントになってしまうのだから阿鼻叫喚。
何とか1枚は達成するも、ゲーム終了間際。
まだ勝てるチャンスはあるはず!とがんばっては見たものの、驚くくらい開けてみた塔の人物と依頼人が違っていました。
そうこうしてるうちに、トド吉が規定枚数達成してゲーム終了。
人の記憶ってあてにならない見本でしたw

塔の中に隠れている人物を覚えるだけなのに、手番毎にバケツの位置を動かしたり、似たような土地で覚えきれてなかったり。
簡単すぎてどうなんだろう?と思っていたけれど、塔の中身をすべて覚えるのは厳しかったです。
道を考えているうちに、記憶から消えていくんですからw