・テンボ
 Tembo(Nurnberger-Spielkarten:2017)


テンボ

自分の蹄動物を渡河させ、得点を獲得するカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

テーブル中央にはアフリカのマラ川にある渡り場。
各プレイヤーは、自分色のキューブと手札5枚を受け取ります。
手番がきたら、手札から1枚もしくは条件が合えば2枚の蹄動物を出して自分のキューブをのせるか、1枚のゾウもしくはワニをプレイします。
蹄動物は任意の渡り場を選んで出しますが、すでに出されているカードがあれば数字が昇順になるようにしか出せません。
ゾウは選んだ渡り場に蹄動物が3枚以上いる場合、一気に渡河させることが出来ます。
クロコダイルは選んだ渡り場にある蹄動物すべてを食べ、ワニは先頭1枚か指定の動物すべてを食べてしまいます。
最後に手札を補充したら手番終了で次の人の手番に。
この時ライオンが出たら、任意の渡り場にいる動物すべてを食べ、その渡り場を封鎖してしまいます。
これを繰り返し、山札が尽きた後、誰かがカードを出せなくなったらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

5ヶ所ある渡り場を使って、得点の高い蹄動物を渡河させる。
でも渡り場に出すカードは、常に昇順じゃなきゃ出せない。
2人プレイだと、まれにキューブがなくなってしまうけれど代用する。
うん、とっても簡単なルール。

ということで、早速スタート。
昇順というからには、手元にある小さめの数字は先に出したい。
が!
ワニがきたら食べられちゃう・・・でも出さないと出せなくなるし・・・
思い切りの良さで、とりあえず出す。
トド吉も出す。
ならば私も出す!
と、ここまでは良くて、次の瞬間ライオンが出てきて1列食べられてしまうのでした。
もちろん選ばれた渡り場は、私の蹄動物たちがいる列。
そりゃそうだよねw

懲りずにカードを出す。
しかしトド吉はゾウを使って、自分の蹄動物たちを渡河させてしまうのでした。
そのタイミングで引いてくるライオン。
泣ける・・・
自分で自分の蹄動物を食べなきゃいけないのは泣ける。

ゲームが進み、私の蹄動物たちもゾウのおかげで渡河。
そしてふと疑問が出てくる。

「ねー、これカードが出せない場合はどうするの?」

手札にはゾウが並び、さらに蹄動物は渡り場にいる蹄動物より数字が小さい。
ライオンに封鎖されている渡り場しかない以上、どうにもならないような。
2人プレイだからかも?
その疑問についてはルールブックに書いていなかったし、ワニを引いたのでワニを出してごまかす。
その間にトド吉が蹄動物を出して、ゾウが発動出来る列が出来てしまう。
私には一切得点が入らない列。
せつない。

そして、山札が尽きて残るは手札のみ。
トド吉の蹄動物たちが渡河したタイミングで、手札にある1桁数字を出す。
小さい数字はこのタイミングじゃなきゃ。
まだ渡り場に余裕があったので、トド吉も違う渡り場に蹄動物を出す。
何とか2枚出し、3枚目をトド吉が出したところで私はゾウ・・・
その後は一切出せなくなりゲーム終了。
勝ったのはトド吉。
予備のキューブも出動していたんだし、そりゃそうだ。

2人プレイだと、強制でゾウが発動したり、ライオンに渡り場をつぶされてしまうと厳しい。
山札が尽きる前に出せない場合は、どうしたらいいのか疑問は残ったものの、今回は困る展開ではなかったので良かった。
得点が高めのカードを渡り場に並ばせるか、判断が難しくて適度に悩ましいゲームでした。