・モーレア
 Moorea(dlp:2018)


モーレア

資源を集めて生産し、得点を獲得するカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

使うカードは3種類で、資源と道具、そして生産物です。
各プレイヤーは、6枚の資源カードを手札として受け取ります。
資源と生産物は山にしておき、道具は道具ごとに分けておきます。
手番がきたら、まず資源カードを1枚引き、次にアクションかパスをします。
最後に手札上限を確認したら、手番終了。
これを繰り返し、生産物カードの山がなくなったら、最後に1手番ずつやってゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

ルールはとても簡単!と、浮き足だって遊びはじめたけれど・・・
確かに基本的なルールはとても簡単でした。
そう・・・自分が欲しい生産物を先に取られたり、欲しい生産物があるのにカードが引けなくて手札上限になってしまわなければw

最初の手札で、すでに取れる生産物はある。
カードは枚数ためて交換する形。
でも手札の上限も増やしたい。
トド吉は早々に手札上限を8枚にしてきたので、私は生産物を取る時のコスト下げへ。
生産物は上位互換の形になっているので、どうせ狙うなら得点の高いものを。
下から順に上げていかなきゃいけないので、手札上限6枚は確かにきつい。

「これ取るね」

ためこんだ手札で、高得点のものを狙う。
お互い狙っているものがかぶっていると、早い者勝ちになる。
でも引けない。
資源カードが揃わない。
どうしても揃わず、手札上限がきてしまうなら、場に出ているのと2:1交換するのも手。
トド吉はやっていた。
私はもったいなくて出来ないw

貝を集めて生産物を集め出すトド吉。
最初こそ1枚取ったけれど、2人だとどちらの時に生産物が出ているかが重要。
こういう時、私の手番では出てないことが多い。
なら諦める。

本当に基本的ルールは簡単なので、どんどんスピードアップ。
これ!と決めたら、そこまで待つか。
待ちきれなくて、結局違う生産物を取るかは状況次第だし。

この生産物カード山がなくなるの?と思っていたけれど、とにかく後半のスピードアップがすごい。
トド吉はひたすら生産物を取っていく。
ゲームを早く終わらせたいから。
手札にあるカードを倉庫に入れたりして、地道な得点稼ぎに走る私。
そして生産物カードが補充出来なくなり、終了フラグ。
最後の手番では、トド吉はさらに得点を獲得することが出来ず、私は2点の加算。
そしてゲーム終了。
勝ったのは、なんと私。
しかも1点差でした。

序盤の手札で何をやったらいいか悩むこともあったけれど、決めた方向で進めれば早い。
2人なので選べる自由があったことで、ゲームプレイが軽く感じたかな。
おかげで、道具を1つしか取らなくてすんだ。
トド吉は、なけなしの資源を使い、さらに道具を入手していたけれど、そこは後悔していた。
ちゃんと考えて選ばないとね。
お買い物ゲームで、どんどん上位のものを狙っていくあたりが楽しい。
うまくはまれば、面白いように生産物が手に入る。
序盤のじわじわをいかに我慢出来るかにかかっているのかもw