・テキサスショーダウン
 Texas Showdown(Amigo:2015)


テキサスショーダウン

数字構成が違うカードを使い、出来るだけカードを引きとらないようにするゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各カードには、その色が何枚あるのか書かれています。
数字が大きくなるほど、枚数が少ない仕組み。
カードをよく混ぜて、各プレイヤーに同じ枚数ずつ手札として配ります。
手番では、手札から1枚出すだけ。
0を持っている人は、常に最初に出します。
最初に出されたカードと同じ色を出していく、所謂マストフォロー。
持っていなければ、違う色を出すことが出来ます。
全員が出したら、一番多く出された色を判定し、その中でも一番大きい数字を出した人がトリックを取ります。
取った人が次のトリックの最初のカードを出し、ゲームを続けます。
全員が手札全てをプレイしたらラウンド終了。
ポイントを記録し、誰かが規定のポイントに到達するまで続け、もっともポイントの低い人が勝者になってゲームが終了します。

トリックを取ってはいけないトリックテイク。
大好きなマストフォローとはいえ、判定はその色が何枚出されているか。
その色がなくなってからが勝負かな?とぼんやり。

数字の最大がいくつなのか、自分が何枚持っているのか、最初の段階で眺める。
最大数字がなくて自分の手札に多い色なら、他の人に引き取ってもらえる。
逆に中途半端な数字をどうするか・・・悩む。

(この大きい数字を何とかうまく出せれば・・・)

誰かがトリックを取ると、にやにやせずにいられないw
取らずにいられることだけを考え、何とか出し切って終了。

あれ?
15ポイントって意外に早いんじゃ・・・

カードの数字構成や色がある程度認識出来たところで、次ラウンド開始。
手札を見ると、取れとばかりに最大数字が並ぶ。
いや・・・ちょっと待てw
色がばらけているので、各枚数が少ないのに最大数字。
これは・・・かわしきれない予感。

とりあえず何とかするには、自分が多めに持っているのを枯らせちゃダメだ。
少しずつ色をしぼって、だせませーん!をやりたい。
もっとも・・・色は多い方に判定が下るので、2人がかぶると悲劇なわけで。

トリックは取りたいんです!
取っちゃダメと言われても、取りたくなっちゃう。
私は、取らせてくれるトリックテイクが好きです。