・支離滅裂
 Krass Kariert(Amigo:2018)


支離滅裂

配られたカードの順番を変えず、組み合わせて出していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーにチップ3枚とカード10枚を配り、配られたカードは、そのまま扇状に持ちます。
重要なルールとして、ゲームが終わるまでカードの順番を変えてはいけません。
全員が手札を持ったら、リザーブカードとして2枚配り、表向きにして自分の前に置きます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドはいくつかのターンからなります。
自分のターンになったら、直前にプレイされた組み合わせよりも強い組み合わせのカードを手札から出します。
出せない・出したくない場合は、自分のリザーブから1枚取って手札に加えます。
これを繰り返し、全員が1組出すかリザーブカードを取ったら、最も強い組み合わせを出した人がそのターンの勝者で次のスタートプレイヤーになり、次のターンを始めます。
これを繰り返し、手札がなくなった人から抜けていき、手札が残っている人が1人もしくはリザーブカードが引けなくなったらラウンド終了。
最後まで残っていた人、リザーブカードを補充出来なかった人がチップを支払います。
再びカードを配るところからゲームを続け、すべてのチップを支払ってしまった人が敗者となり、ゲームも終了します。

より大きい組み合わせを出していく。
出せなきゃチップを没収される。
手札を見ると、間に違うカードがはいっていて、セットにしにくい。
これを上手く出して、どかんと出し切りたいわけで。

わくわくしながらスタート。
条件はみんな同じなので、序盤は若干もじもじしつつw
出していくと、同じ数字のカードが並んで出せるようになってくる。
こうなると意外に早い。

「手札なくなったよ?」
「はやっ!

そして、あっという間に私が出し切って、次のラウンドへ。
でも、私の見せ場はここまででした。

いたるさんとトド吉が2人で出し合っている中、私は1枚出せても次がないw
どんどん増えていく手札。
減る気配すら見せない。
がんばって揃えていく途中で、他の2人はほぼ手札がない。
そして、いっぱいの手札を抱えたまま終了。

「全然出せないよー!」
「そういう時もあるよ」
「仕方ないよね」

慰めてもくれないw
大量のチップを失い、がっかり。
ところが、その後もさっぱり手札は減らず、減るのはチップのみ。
最初のラウンドは何だったのか・・・
私がチップを空にして脱落で終了。

たった1枚が出せない。
そこを乗り切れば、少しはゲームに参加出来るのに出せない。
バンバン出せると楽しいけれど、お地蔵さんになってしまうと切ない。
最初のラウンドだけは、最高に楽しかったですw