・ガンシュンクレバー
 Ganz schon clever(Schmidt:2018)


ガンシュンクレバー

ダイスを使って自分のシートにチェックを入れていき、得点を獲得するゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

各プレイヤーは、自分用のシートを受け取ります。
シートはダイスの色と連動していますが、白ダイスはオールマイティ。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドの始めに、全プレイヤーにボーナスが入ります。
手番がきたら、6個のダイスを振り、出目を1つ選ぶだけ。
選んだダイスは、自分のシートにあるダイス置き場に置き、該当する個所にチェックを入れます。
続いて、残りのダイスを振ります。
この時、選んだ数字より小さい数字のダイスは、すべてトレイに置きます。
他のプレイヤーは、トレイに置かれたダイスから1個を選び、それぞれのシートにチェックを入れます。
3つのダイスを選んでシートに記入したら、手番は終了で次の人の手番に。
プレイ人数に応じたラウンド終了後、ゲームも終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

SPONSORED LINK

シートの得点配分を見て、どれがいいかなと考える。
すべてはダイス次第。
青は白とセットなので、割とやりやすそう。

いざゲームが始まってみると、とにかく悩むw
大きい目がオレンジに、6が欲しい紫。
でも運よく出たとして選ぶと、残りのダイスは他のみんなへ行ってしまう。
というより、早々に大きい目を選んだら、3個チェックつけられない。
こうなると、必然的に小さい目でチェックを入れられる黄色や青、緑が優先的に。
だって、他の人に良いダイスをあげたくないものw

ところが、中盤過ぎるとそんなことを言っていられない。
自分が欲しい目が必ず出るとは限らない。
自分が欲しい目を必ず選べるとは限らない。
誰かがダイスを振るたびに、

「6とかお待ちしてます!」

とか

「3でもいいのよ?3でも!」

などと、ついつい思いが言葉になってしまう。
もらえるわけないけどw

黄色と青を中心的にチェックし、列が揃ったところでボーナスをもらう。
それでしか埋まらない場合も多々あり。
緑も少しずつ埋めていけばかなりの得点源。
フォックスマークまで到達していないので、フォックスは気にしない。
意外に難しいな・・・これ。

「ダイス振って埋めていくからもっと簡単だと思ってた!」

口から出ましたw
失敗したと思っても、ゲームは終盤。
これからでも得点をのばせるところを狙う。
6なんて出るわけがないし、出たとしても違うところで使いたい。
終盤に苦戦したのは青かな。
小さい数字を早く埋めすぎてもダメだw
そして、どうにもならなくなった時に使えるのがボーナス。
リロールしたり、ダイスの数字をかえたり。
最後の最後まで使わずにいたけれど、最後の手番で大放出。
おかげで埋められたところも。

4人プレイだったので、あっという間の4ラウンド。
勝ったのはおやじさん。

これ難しい。
だからおもしろい。
ダイス運次第かと思ったら、他の人が手番の時にもダイスは回ってくるし、むしろ数字をどう埋めていくかが重要。
自分だけでなく、他の人のダイス目でも一喜一憂できて楽しかったです。
ダイスビンゴ的な中では、難しさでのおもしろさを一番感じるかも。