・サムマウマウ
 Sau Mau Mau(Ravensburger:2018)


サムマウマウ

ブタをゴールさせたり、1位を当てたりするレースゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

大きなボードは、ブタのレース場。
各プレイヤーは4色のブタが描かれた予想カードを持ちます。
カードをよく混ぜ裏向きで山にし、各プレイヤーに最初の手札を配ります。
手番がきたら、カードを1枚出すか、山から1枚引くかを実行します。
出せるカードは、前に出されたカードと同じ数字もしくは同じ色。
数字の色と同じブタが、書かれた数字分、進みます。
山から引く場合、レースで1位はどの色のブタかを予想することが出来ます。
これを繰り返し、誰かの手札がなくなる、もしくはブタがゴールしたらラウンド終了。
得点計算をし、次のレースへ。
4レース終了後にゲームも終了し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

カードを受け取り、手札を眺める。

(偏ってるな・・・)

いよいよレーススタート。
どのブタを進ませるか、それぞれの思惑が出るまでは静かに相乗り。
そして、適当なタイミングでレース順位を予想。
あとは、そのブタを1位でゴールさせるだけ。

「おっと。こちらのブタも進みたがってますね」

出せなくても色を指定出来る農夫がいるので活用。

「次は茶色でお願いしまーす」

進んでいるブタに合わせて、どんどん予想されていく順位。
誰がどのブタを予想しているのかはわからない。
でも、失敗した!と思ったら、予想しなおすことは出来る。
ただし予想順位は遅くなってしまうw
はずれるなら変えるのもありだけど、もしかしたら・・・?があってふんぎりがつかない。

手札を使い切ることは出来なそう。
だったら、ブタをゴールさせるのみ。
じわじわとブタが横並びになり、とびぬけたのはピンク。

「うわーい。ゴール!」

すぐに得点がはいる。
もちろん予想も当たった。

とまぁ、こんな感じ。
1レース目は大きくはずしたけれど、残り2レースでは着実にレースを予想通りに運ぶ。
ダントツでトップだったのに、気付けばトド吉に追いつかれ、最後のレースでおやじさんがブタをゴールさせて終了に。
僅差で私の勝利。

カードの出し方は、有名なUNOだよと言われたけれど、確かにそれ。
そこだけに留まらず、得点の獲得方法がいくつかあったので、やりようはありました。
軽めの心理戦も含めて、楽しかったです。