・ウインクねこ
 The Cat(Amigo:2018)


ウインクねこ

自分のそれぞれのカード山が、すべて同じ表情のネコにしていくゲームです。
いたるさん・トド吉・私でプレイ。

カードには13種類のネコが描かれています。
カードをよく混ぜ、裏向きの4枚の山をつくり、各プレイヤーにカード山を4つずつ渡します。
残った4枚のカードは、テーブル中央に表向きで置きます。
ゲームは全員同時。
スタートと同時に、自分のカード山1つを選び、テーブル中央のカードと入れ替えていきます。
入れ替えの際は1枚ずつ。
もうないと思ったら、裏向きのカード山にして、自分の前に戻します。
次のカード山を取り、同じことを続けます。
自分のすべてのカード山が、同じネコ4枚で揃ったと思ったら「ストップ」と宣言し、ラウンド終了。
全員が自分のカード山を公開し、得点計算をします。
これを繰り返し、誰かが20ポイントに達したらゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

プレイをはじめてすぐ、驚愕の事実に気付くのです。
自分の前にはカード山が4つ。
場には似たような顔のネコが4枚。
スタートの合図と共に、一斉にゲーム開始。

素早くカード山1つを取り、カードを広げる。
2枚ずつに分かれているネコの顔。
場を見ると、欲しいネコがいる。
ならば交換だ!

素早く1枚を場に出し、1枚を持ってくる。
この繰り返し。
速さが決め手なので、誰よりも早く欲しいカードを手にする。
欲しいものがなくなったのなら、カード山交替!
そして気付いたのです。

「うわー!同じ顔してるくせにしっぽの長さが違うー!」
「え?」
「あぁ、そういうのあるよね。でもきっと顔もどこか違うんじゃない?」

しまった・・・気付いてなかった。
何せゲーム開始前に、カードチェックなんかしないから・・・
慌てて場と交換してカード山チェンジ。
振り出しに戻る。

改めて見ると、顔がそっくりなのに、しっぽの長さが違っているネコが2匹ずつ。
これはダメだ・・・
場を見ると出ていない。
そりゃそうだ・・・自分の次の山にあるもの。
同じので2枚ずつなんて、一度場に出さないと回収出来ないじゃない・・・
再びカード山を交替して、ひたすらカード交換。
モタモタしているうちに、トド吉から「ストップ!」の声。
かなりのロス・・・

得点を計算し、次のラウンドへ。

「これ終わるの・・・?」
「一度にかなり得点がはいってくるから、想像よりは早く終わるよ」
「そうなの・・・」

がっかりしている場合ではなく、最初の失敗を挽回しないと!
むしろ、今度は覚えた。
再び黙々とカード交換。
何で揃えるか決めておかないと、自分のカード山群の中で分配されてる形。
でも出したら取られてしまうかも。
忙しい中でも色々考える。
考えてる間に・・・「ストップ!」

またか・・・
落ち着け私w

ところがあと1枚というところで揃わなかったり、どうしようと考えている間に、気付けばラウンドが終わっている事実。
ゲームはトド吉の勝利で終了。

いやこれ、なんだか悔しいw
ネコのイラストが和ませてくれるどころか、挑発しているように思える。
手は賑やかに動くのに、とても静かなゲームでしたw