・フェアリータイル
 Fairy Tile(IELLO:2018)


フェアリータイル

物語の登場人物を動かしたり、土地を増やしたりして、物語を完成させていくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブル中央にタイルを並べ、ゲーム開始時の王国をつくります。
王女・騎士・ドラゴンを指定の位置に置きます。
各プレイヤーの枚数が平等になるようカードを配り、裏向きのまま自分の前に山にし本をつくります。
手番がきたら、物語を紡ぐかページをめくります。
物語を紡ぐには、冒険に出るか冒険を語るかを実行します。
ページをめくる場合、手札のカードを自分のカード山と取り替えることが出来ます。
そして、次の人の手番へ。
これを繰り返し、誰かが自分の本の最後のページを語ったらゲーム終了。
そのプレイヤーが勝利します。

全員平等の枚数を配ったら、いざゲームスタート。
ページというかカードを見ると、物語の一文が書かれています。

「ドラゴンが城を訪れ、王女か騎士を見ることができる」

つまり・・・ドラゴンを城へ移動させた上で、一直線のところに王女か騎士がいれば完成。
そのためには、ドラゴンを移動させなければならない。

「ドラゴン移動させる」

ドラゴンは王国の端まで止まらない。
となると、上手く移動させないと、永遠に城へ到着しない。
土地タイルを増やすのも有効だったけれど、ともかく移動。
次に手番が回ってくるまでには、他の人によって違う場所へ移動させられてしまうんだけどw

あとは騎士か王女を一直線上に移動させるだけ。
それぞれ移動歩数が違うので、そこも上手く使って。
他の人が移動させてくれるとラッキー。

「王女移動させる」

移動させた後、やっと物語が完成したので、物語を語ります。

「できた!これ!」

出来上がったページは、表向きで自分の前に並べます。
なかなか良い出だし。

ところが・・・調子が良かったのも2枚目まで。
その後は、どんなにがんばっても完成しない。
ページを入れ替えても、あと少しのところで完成しない。
その間に、驚異的なスピードで完成させていったのはトド吉。
私といたるさんは見てるだけw

負けてなるものかと、土地タイルを増やしてがんばるも、結局追いつけず。
トド吉のぶっちぎり勝利で終了。

「いやこれ、カード内容で難易度違うんじゃない?」
「一度つまると、もうだめだ」

タイミング良い時に、自分に手番がくるとすごい楽。
そうそう上手くはいかないので、たいていは行き詰まる。
ちょっとしたきっかけで、どわーっと完成したりする。
ストーリーをつくるというより、タイミングの問題なんじゃと思いました。