・ロールプレイヤー
 Roll Player(Thunderworks Games:2016)


ロールプレイヤー

誰よりも偉大な冒険者をつくるゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

偉大な冒険者にするキャラクターを選び、キャラクターシートを受け取ります。
さらに属性・職業・設定の各カードを受け取ります。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは4つのフェイズからなります。
開始フェイズでは、スタートプレイヤーがダイスを袋から引いて振り、順番カードの上に置きます。
行動フェイズは、スタートプレイヤーから順番カードを選んで取ります。
取ったダイスはすぐに、自分のキャラクターシートに配置します。
そして購入フェイズでは、市場からカードを1枚ずつ購入していきます。
最後に管理フェイズで、次ラウンドの準備をします。
そして、スタートプレイヤーを移動して次のラウンドへ。
これを繰り返し、全員のキャラクターシートの全マスにダイスが配置されたら、そのラウンドでゲーム終了。
最終得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

SPONSORED LINK

冒険物とかで、自分のキャラクターに装備品をつけて準備することはあるけれど、このゲームではそこだけ抽出しています。
キャラクターメイクするだけ。
出来上がったキャラクターの得点を競うので、その後、冒険には出ませんw

私が選んだのはエルフ。
そこに属性や職業が加わって、強そうなエルフ完成。
でもドルイドで喧嘩屋っていったい・・・
絶対強いよね!って言ったら笑われたけど気にしないw

ゲームはダイスを選んで配置し、効果を適用したり。
喧嘩屋の指定通りの色配置をやりたい。
しかしダイスは上手く揃わない。
ダイス目が大きいと、プレイ順が後になるのが悩ましい。
それでも黙々と色を揃えつつ、常に金欠状態w

他の人の様子を見ながらだったけれど、気付けば緑と黄色のダイスしかない。
金がなければ買い物出来ない。
欲しい装備が出てくると、誰も先にとるな・・・と祈る。
かぶらないって大切。
常にぎりぎりの状態で、それでも譲れない時もある。

「そこにこれ置くよりあっちのほうがよくない?」

うん、知ってる。
知ってるけど、ここは譲れない戦いなのだ。
とにかく自分ボードはダイスをきれいに並べたいし、それでも予想していなかったダイスが選ばれてしまったり。
こだわりすぎてた感はあるけれど、それでもきれいに揃えたくなるのは仕方なし。

売り出されている装備などを入手したけれど、ずる賢いと誠実が並んでる。
ちょっと変w
購入と順番を決めるダイス取り以外は、自分ボードを眺めての自分との戦い。
あまり派手に動きすぎると、どうしても集中砲火。
ただ静かに、黙々とダイスを並べ、微々たるお金を集めたり。
ぎりぎりでも何とかなる。
というより、他の人も同じ感じだったので、思い通りにいかないまま。
最初に何も考えずダイスを置くと、とにかく後半は悲鳴。
置いたダイスを動かすところまで考えて置くので、計画が狂うと修正が大変。
だったらやらなきゃいいんだろうけど、狙っていきたいわけで。

「あー!それオレがもらおうと思ってたのに!
「私だってそっち欲しかったから、それを取った君を恨むぞー」

そんな会話をする時だけ、全員が会話するというw
そして、終わってみれば私のエルフは敗北していました。
あと1手だったのになぁ。
勝ったのはトド吉。

自分だけのキャラクターをつくるのって楽しい。
選択肢は決まっているので、そこを上手く使ってやりとりするか。
お金はとても大切でした。
冒険には出ないけれど、冒険前の準備が一番わくわくするのを考えると、これはこれでいいんだと思いましたw