・ひっつきカメレオン
 Sticky Chameleons(IELLO:2017)


ひっつきカメレオン

カメレオンの舌で、虫をとるゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブルの上には、トンボやクモなどの虫たち。
各プレイヤーは、ひっつき舌を1つずつ持ちます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは観察と食事の2フェイズ。
観察では、2つのダイスを振り、目標となる虫をチェック。
食事では、自分のひっつき舌を使って目標となる虫を捕り、ごちそうさまトークンを得ます。
誰かが目標の虫を捕まえて、テーブルに戻したらラウンド終了。
これを誰かが5枚のごちそうさまトークンを獲得したら、その人の勝利でゲームも終了します。

楽しくないはずがない、このゲーム。
まずは、舌を持って練習。
意外にのびる・・・この舌。
そして、いざ勝負!

ダイスを2個振る。
「これどこだろ?」
「それここだわー」
目的の虫がどこにいるかチェック。
そして、全員同時に持っている舌を投げつける。
この舌がよくのびる。
すごい勢いで飛んでいき、そして・・・その虫じゃない!

「よしとったー!」
「はやっ!」
「あ!ハチついてる!」

スズメバチが一緒についていると、ごちそうさまトークンがもらえない。
ハチに刺されて、舌がしびれているから。
のびすぎて、難しい!
しかも粘着力が強いというか、べたべたしているのに落ちる虫。
横取りなんて当たり前。
いかにハチを避けつつ、目標の虫を捕るか。
上手に取れればごちそうさまトークン。

今回は、私が圧倒的な強さを見せつけつつ、5個目のごちそうさまトークンを獲得して終了。
勝ったのは私。
終了後、勝利の写真を撮っている向こう側で、1人で練習するトド吉がひとり・・・w
ひっつきカメレオン
うん。よくのびるw
こういうゲームが楽しくないはずがない。
遊んでいても、とにかく笑いが絶えないというか。
あまりに楽しく面白くて、涙が出るほど笑いましたw