・アメンラー・カードゲーム
 Amun-Re: The Card Game(Super Meeple:2017)


アメンラー・カードゲーム

古代エジプトを舞台に、豊かな州を支配し、ピラミッドを建設していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブル中央にボードを置き、カードを時代別に分けます。
プレイ人数に応じて枚数を調整し、各時代毎によく混ぜカード山を3つつくります。
各プレイヤーは自分の色を選び、お金カードとマーカー、プレイヤーエイドを受け取ります。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは4つのフェイズに分かれています。
まずは州カードの競りを行い、次に捧げ物と恩恵で収入額を決めます。
そして、応じた収入を受け取ってピラミッド建設、最後に勝利点を計算します。
これを3ラウンドやり、もっとも得点の高い人が勝者になります。

まずは最初の時代の競りからスタート。
競りは欲しいと思った州カードに、自分のお金カードを1枚置くだけ。
誰かが置いていればより高い金額。
これを全員が1枚ずつ決まるまでやる。
最初だし、畑が正義!ということで畑重視。
みんな違う方向性にいったので、そこまでがんばらなくても畑がいっぱい。
次に捧げ物と恩恵で収入額を決定。
箱の裏が収入の早見表っぽくなっているので、条件と照らし合わせる。
そして気付いたのが、お金をいっぱい使うと次が苦しいということ。
次の時代では、先の時代のカードに重ねる形でカードを置くので、見えている畑が消える。
お金を使ったのはいいけれど、次のラウンドで使えるお金が少ない。
トド吉を見ると、着実にピラミッドを増やしてアンクも持っている。
これは、節約しないとお金がない。

そこで、2ラウンド目はお金節約モードで。
競りにも安い金額しか使わない。
それでも必ずカードはもらえるし、大きな問題はない・・・と思う。
収入は1人で違うことを狙っても、多数に少数なので無駄感。
みんなと同じ流れに乗らないと。

そして迎えた最終ラウンド。
余りあるお金で思い通り。
そこまでお金をかけるようなカードがないというか、私が値付けしていると負けが決まるので誰も上乗せしてこない。
あっちのほうでは、お金がないトド吉といたるさんが、楽しそうに競り合ってる。
これはこれでつまらない・・・w

ピラミッドを購入してカードにのせ、出来る限りのことはやった。
でもお金が余った。
あんなにお金に苦労していたのに、少し極端すぎたかな?
そしてゲーム終了で、勝ったのはトド吉。

3ラウンドしかないので、割とあっという間にゲームが終わった感じ。
それでいて面白い。
使ったお金カードを戻したり、ピラミッドを増やしたければ、それに見合った州カードがなきゃダメだし。
アメン・ラーといえば、ハンス社から出ていたボードゲーム。
そのカードゲーム版と言われても、誰もアメン・ラーをよく覚えていなかったわけでw
私は私で、思った方向に伸ばせなくてイライラした思い出だし、他の2人は覚えていない。
プレイ中、何度も「アメン・ラーってこんなゲームだった?」を繰り返していました。
そこまで簡単ではないけれど手軽さがあって、また遊びたいと思わせるそこそこのプレイ感でした。