・センチュリー:ゴーレム
 Century: Golem Edition(Plan B Games:2017)


センチュリー:ゴーレム

クリスタルを集めて、得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

スパイスを集めた『センチュリー:スパイスロード』のゴーレム版。
今回は、クリスタルを集めてゴーレムをつくります。
勝利点カードにはゴーレムが描かれ、4色のクリスタルが豪華です。
手番では、1つのアクションを選んで1回実行しなければなりません。
手札をプレイする、商人カードを獲得する、休息する、勝利点カードを獲得するの4種類から選択。
保有出来るクリスタル数には上限があり、手番終了時に上回る分は捨てます。
全員がアクションを実行したらラウンド終了で次のラウンドへ。
これを繰り返し、誰かが規定枚数の勝利点カードを獲得したら、そのラウンド終了時にゲームも終了します。
最後に得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

センチュリー:スパイスロード』を知っていると、ルール説明は簡単にしてスタート出来ます。
ゴーレム版は、クリスタルが大きめできれいw
私がスタートプレイヤーで、早速プレイ開始。

勝利点となるゴーレムカード。
ゴーレムには、そこまで思い入れがないので見るのは数字だけ。
まずはスタート時に持っているクリスタルを増やして、さらに次の手番でアップグレード。
そして休息。
場に並ぶカードにクリスタルが乗るのを待っていたら、みんな同じことを考える。
それでも、新しいカードが出るたび

「欲しい!けど高い!」

序盤では、どんなに欲しいと思ってもクリスタルが足りないこともしばしば。
少しずつ値下がりしてくるのを全員が待っているので、どこで入手するかのタイミング大切。
誰も購入しないと、上に乗っているクリスタルが増えていくので、それはそれで良いカードに見えてくる。
そして、次に残ってたら購入かな?と思っていると、手前で取られてしまうw

ゲームは、ひたすら黙々とやっていく感じ。
自分のカードで上手くコンボを決められるように、これをやって、あれをやって、早めに休息。
場のカードが動いた時くらいしか、他の人が何やってるのか気にしてないというか。
保持出来るクリスタルは上限があるので、ある程度たまれば勝利点カードを購入。
もちろん高得点のものを狙うので、他の人のキャラバンカードを見て、クリスタルの色チェック。
無駄にかぶっても、手番順で取れないのが確定していたりするし。

そして、あっという間にトド吉がリーチ。
これはまずい・・・そこそこ得点の高いカードを入手しているはずだけど、それはみんな同じだったはず。
だとすれば、枚数で差が出てしまう。
急いでクリスタルをアップグレードして、低い得点でもいいのでカードを狙う。
ぎりぎりで1枚達成出来たけれど、私が達成出来るということは、他の人も達成出来るわけで。
あっという間にゲーム終了で、勝ったのはトド吉。

終了のタイミングの見極めが出来ていないと、気付いたらゲーム終了なんてこともあるので、簡単なのに自分の中で組み立てさせられるゲーム。
スパイスロードとの違いは、イラストがゴーレムで豪華なクリスタルを使うところかな。
内容的には変わらないので、どうせなら木製キューブよりクリスタルのほうがいいかも。
これはもう、テーマの好みと入手難易度で決めてもいいんじゃないのかなぁ?w