・ピーターパンと永遠の子どもたち
 Peter and the Grown Ups(Planplay:2016)


ピーターパンと永遠の子どもだち

時には嘘を言いながら、タイルの効果を使ってポイントを獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

場には場所タイルを裏向きで並べます。
各プレイヤーは、自分用のボード、コマ、トークン類を受け取ります。
ゲームは、スタートプレイヤーから順番に手番を行っていきます。
手番では、探検か休憩のどちらかを実行します。
探検は場のタイルを1枚選んで見て、その内容を声に出して言います。
この時、他のプレイヤーはその発言を信じるか、否かを宣言します。
信じてもらえたら、タイルをそのままにしてアクションを実行。
否定された場合はタイルを公開し、宣言通りならアクションを実行、違っていたら否定したプレイヤーにポイントがはいります。
休息は、場のタイル2枚を見ることが出来ます。
これを繰り返し、誰かが規定のポイントに達する、もしくは最後の時計が公開されたらゲーム終了。
得点計算をし、もっともポイントの高い人が勝者になります。

ブラフゲームでも、嘘をつかなくてもいいし、基本はタイルの効果でポイントを獲得するだけ。
それなら2人でも大丈夫じゃないかな?ということで、早速スタート。

私が担当する『永遠のこどもたち』をよく見て、能力をチェック。
ランダムで選んだけれど、私はネコ。
ワニの入り江がいいらしい。

そして、何の情報もないので、とりあえずタイルを見る。
うん。なるほど。効果はなんだったかな。
実はそれぞれの場所タイルには、アクションが決まっているのです。
これを覚えるまでが大変。
チャートを目で追いつつ、ばれないように宣言。

「ワニの入り江!」
「いやそれ、嘘でしょ」

嘘だと言われてしまったので、タイルをオープン。

「ほんとでしたー!」

私は信頼ポイントをもらい、トド吉は失う。
この信頼ポイントを増やすのが割と大変。
とはいえ、どうぞどうぞでタイル効果を使わせていたら、自分は勝てないわけで。
何となく怪しいな?と思ったら、すかさず指摘する。

「嘘でしょ」
「・・・うん」

信頼ポイント獲得w

とまぁ、こんな感じでひたすら信頼ポイントを獲得していくわけです。
28点って実は遠い。
自分が使いたいアクションの時には、タイル内容については嘘を言う。
それがばれないようにするわけで。
嘘だってばれなければ、宣言したアクションをそのまま実行出来るので、ついつい良さそうなものしか宣言しなくなったりw
そうなるとばれる。

途中までは私が優勢だったはずなのに、気付けばトド吉のほうが信頼ポイントが多い。
最後の時計がめくられてゲーム終了となり、最終得点計算。
がんばってワニの入り江を集めたけれど、惜しくもトド吉の勝利。

作業感がちょっと強いかなぁ。
ある程度わかってしまうと、明らかに嘘なのがわかってしまうし。
ブラフで楽しむのか、タイル効果で楽しむのか、永遠の子どもを楽しむのか。
ちょっと中途半端でどっちつかずな感じがしました。
良さそうな感じがしたんだけどなぁ。