・カービィのスイーツパーティー(エンスカイ:2017)

カービィのスイーツパーティー

材料を揃えて、スイーツを完成させるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

場には材料が並ぶメインボードがあり、各プレイヤーは材料とスイーツカードをのせるクッキングボードを受け取ります。
ゲーム開始時には、各プレイヤーは配られたスイーツカード3枚から2枚を選んで、クッキングボードにのせます。
手番がきたら、好きな材料を3個取ります。
次に材料を使います。
この時、自分のスイーツに使っても、他プレイヤーのスイーツに使っても構いません。
もちろん、自分のクッキングボードに残したり、万能のしずくと交換することも可能。
この段階でスイーツが完成したら、材料をポーチに戻し、新しいスイーツカードを山札から取ります。
メインボードに材料を補充したら、ポーチを次の人に渡して手番終了。
これを繰り返し、スイーツカードの山札が尽き、クッキングボードのスイーツをすべて完成させた人がでたら、ゲーム終了へ。
順番にゲストを獲得して得点を計算し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

とりあえず、いろいろかわいいw
あとスイーツがおいしそう。
ということで、早速ゲーム開始。

まずは最初に配られた3枚から2枚を選ぶ。
選ばなかったスイーツは山札行き。
どれもおいしそう・・・じゃなかった、得点が高いやつがいいよね、
そして自分のクッキングボードへ。
トド吉のを見ると、私のほうが得点が高い。
・・・完成させられたらの話だけど。
そして、いざゲームスタート。

材料3個選ぶだけなので簡単かと思いきや、ポーチから引くのでランダム。
欲しい材料があるとは限らない。
そんな時、オールマイティの万能のしずくに交換することも出来るけれど、他の人にあげてもいい。

「ミルク!ミルクもらってあげてもいいよ?」
「えー・・・あ、赤枠だからあげてもいいよ」

材料の中に、赤枠で囲まれているものは、3点もらえるのです。
材料を提供した人が。
通常は2点。
3個で1個に変換する万能のしずくにするか、他の人にあげて得点にするか。
それでもすごい勢いで材料が集まるので、よりスピーディーに完成させないと遅れをとる。
あまりにトド吉が早いので、悔しくなってくる。
私が欲しい材料は、なかなか私にまで回ってこない。
ならば!

「このベリーもらっておく」

使わないけど万能のしずくにはかえられる。
何より、トド吉がすごく欲しがっていたので、私がいただいておく。
ちょっとした邪魔になって、少し足止め出来る。
仕返しに同じことやられるけどw

とはいえ、割と簡単に完成していくので、あっという間にゲーム終了。
お互い完成させたスイーツは同数。
ゲストを呼んでさらに加点。
でも勝ったのはトド吉。
そう・・・私に材料をくれた得点差でした。
意地悪している場合じゃなかったw

カービィは遊んだことがない私でも、キャラクターは知っています。
まずカードのイラストがかわいい。
スイーツ
そして、おいしそうw
キャラクター商品って、ゲーム性が高くないのが多いんですが、これは普通に楽しめてよかった。
レシピに少し似てるかな。
そういう意味でも子供受けしそう。