・死者たちの祝日
 Dia de los Muertos(Sphinx Spieleverlag:2007)


死者たちの祝日

墓場で眠っているガイコツとなり、宴会に参加して得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

大きなボードには数字が書かれたマスがあり、3ヵ所に死者の祝日カードがあります。
行動・移動カードをすべてよく混ぜ、各プレイヤーに4枚ずつ配り、残りは山にしておきます。
各プレイヤーは、ガイコツカードを受け取って手元に置きます。
ゲームの目的は、死者の祝日カードを入手し、ゴールを目指すこと。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドでは4つのフェイズを順に実行します。
まずプレイ順の決定。
次にスタートプレイヤーから順に、手札から1枚選んで伏せて出します。
プレイ順カードの順番にカードを解決して手札を補充し、最後にカード交換をしたらラウンド終了。
これを繰り返し、少なくとも四肢の1つを保持するガイコツ全員がゴールしたらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

大きなボードを広げた瞬間のいたるさん。

「これ・・・すごろくじゃん!」

うん、まぁ、だいたいそうw
カードを出して進んでいくすごろく的なゲーム。
途中で3ヵ所に置かれている死者の祝日カードを入手しつつ、出来るだけ自分の骨を守り、ゴールするのが目的。
カードは裏向きのままなら移動歩数、表にすると行動。
自分の骨を回復したり、攻撃を回避したりする以外は、ひたすら他の人を攻撃するゲームw
割と嫌な予感しかしないけれど、とりあえずゲームスタート。

最初はまず移動するよね。
と思ったら、最初から全力。
後ろから殴ったり、振り向いて殴ったり。
私の骨が減っていく!状態。
というのも、使ったカードによって補充が決まるのです。
行動すれば2枚補充出来るけれど、移動だと補充0枚。
移動ばかりしていては、手札は減っていくのです。

手元に置いているガイコツカードは自分の状態。
減ったら骨を減らしていく仕様。

殴り合っててもゲームが終わらないので、とりあえず宴会場目指して前進。
犬には気をつけろよ!的な感じで、四散していく。
何せ宴会場には2枚しかカードが置かれていないので、全部集めるのは無理。
さらに取ってみないと、★の数がわからない。

広いボードを四散したはずが、だいたい近くにいる不思議。
攻撃は回避出来るものと出来ないものがある。
ランダム攻撃は避けられないけど、直接攻撃なら回避出来るので回避カードを温存。
手札をこれで埋めるのはあれだけど仕方ない。

殴られたくないので、出来るだけ他の人と離れる。
でも油断していると、犬がやってきて骨を持っていかれる。
ガイコツって踏んだり蹴ったりなのね。

そして、みんなが1枚目の死者の祝日カードを入手してから、行動が変わってくる。
まず★の数が多ければ襲われるw
さらに、すでに宴会場にはなくなってしまったカードを持っていると襲われる。
問題は墓堀り人。
最初はゴール付近にいるけれど、誰かが死者の祝日カードを取るたびに前進。
最後はルート1本を完全に塞いでくる。
犬に奪われた骨を回復させつつ、封鎖されたのはトド吉がいるルート。
足止めされているうちに、何とかゴールを目指す。

ゴールへの道は一方通行なので、後ろから殴られ放題。
それでも骨を回復させたり、攻撃を回避しつつ。
ところが、殴って殴られてで、トド吉は四肢全部を失うことに。
こうなると動けない、転がっているガイコツ状態w
誰かが先に行っているのを追従で追いかけるか、骨を拾うしかない。
ということで、トド吉はひたすらカード補充で待つ人にw

その間にいたるさんと私の熾烈な戦いが繰り広げられ、いたるさんがゴール。
そして、やっと追従を引いたトド吉がいたるさんに追従してゴール。
あとは私がのんびりゴールするだけ。
といっても、この時点で得点が確定しているので、割とやる気なしw

そんな不毛な戦いも私のゴールで終了。
ゴール順位で入る得点に死者の祝日カードの★を足し、勝ったのはトド吉。

なんというか、とても不毛なゲームでした。
何せ誰かを攻撃するのが必然。
移動ばかりしていたら、手札が尽きちゃう。
今の時代、こういうゲームはすごく嫌がられるんだろうなぁ。
私だって、知らない人とは遊べないw
今回は全員大人なので、攻撃されるのは仕方ないしお互いさまだったので遊べた感じ。
全員でゴールを目指さないと、膠着して終わらないよねw