・パニックマンション
 Panic Mansion(Blue Orange:2017)


パニックマンション

屋敷から脱出するため、チャレンジを達成するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、自分用のボックスと各種物体を受け取ります。
カードをよく混ぜ、物体が描かれているほうを上にして山にします。
このゲームにはルールが2つあります。
ゲーム1では、プレイヤーは右隣りのプレイヤーにボックス内にある物体を混ぜてもらいます。
カード山の一番上をめくり、指定の部屋に冒険者と宝箱のみを一番最初に移動させる競争をします。
ゲーム2では、部屋が描かれているほうを上にしてカードをよく混ぜ、山にします。
カード山の一番上をめくり、カード山の隣りに置きます。
指定の部屋に指定の物体だけを最初に移動させる競争をします。
いずれのルールも最初に5点取った人が勝者になります。

まずは軽くゲーム1で。
このルールだと、冒険者と宝箱3個を移動させるだけ。
箱に入っている物体も5個なので簡単。
となれば、スピード勝負。
右隣りの人のボックスをよく混ぜ、持ち主に戻したらスタート。
そして全員無言w

「パニックマンション!」

私が一番早く完成させたので、正解チェック。
といっても、見てすぐわかるので1点獲得。

簡単だったので、そのままゲーム2へ。
こっちはすべての物体を使うので、ボックスの中が賑やかw
よく混ぜて持ち主に戻したら準備完了。
今度はカード2枚を使います。

「めくるよー」

なるほど・・・オレンジの部屋に4つの物体を運べばいい。
ところが、これが難しい。

「目玉!目玉が滑る!」
「うわ!お前こっちくるな!」
「ヘビが合体してる!」

さっきのゲームとは違って、とにかくうるさいw
クモは壁に引っかかりやすいし、目玉はよく転がる。
ヘビは2つがくっついてしまうと、はずすだけでも大変。
一筋縄ではいかない物体たちに、全員翻弄されてしまう。

「パニックマンション!」
「できた!」

ほぼ同時のこともしばしば。

「そのオバケ、頭が少し部屋から出てるよ」
「出てる出てる!」

失敗したら、すでに獲得したカードを捨てなければいけない。
5点先取が意外に遠い。
あとはもう、全員夢中でどんどんゲームが進み、気付けば私が5点獲得。

こういうゲームは、とにかく楽しいし大好き。
口々に適当なことを言いながら遊ぶので、賑やかに遊べていいね。
それにしても、目玉はよく滑りましたw