・メモアール
 Memoarrr!(Spielwiese:2017)


メモアール

出来るだけカードを覚えて、同じ地形か同じ動物のカードをめくっていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

場には24枚のカードが裏向きで並び、中央に火山カードを置きます。
火山カードの下には、財宝を重ねて置きます。
ゲームはラウンド制で、スタートプレイヤーから順に、カードを1枚めくっていきます。
めくったカードが、前にめくったカードと動物か地形が同じなら成功。
違っていたら失敗で、火山カードを受け取り、ラウンドから脱落します。
これを続け、最後まで残っていた人は財宝を受け取ってラウンド終了。
7ラウンドやったらゲーム終了。
財宝のルビーを数え、もっとも多くルビーを獲得した人が勝者になります。

ゲーム開始時、自分の前3枚だけ見ることが出来ます。
ここで3枚は覚える。

そして、私がスタートプレイヤーでゲームスタート。
最初の1枚は確実に成功判定なので、見ていない場所をめくる。
次のトド吉は、私がめくったカードと動物か場所が同じカードをめくる。
幸い最初に見た中にあったらしく、スムーズにめくる。
でも私だって3枚は知っている。

「緑の背景はここでしょ」
「ペンギン!?ペンギン・・・どこだったかな」

こんな調子。
2人なので、どちらかが失敗すれば即ラウンド終了。
序盤からトド吉が正解しっぱなしで、私といえば火山ばかりを受け取る。
これじゃだめだ!

次のラウンドはカードの位置を変えないので、めくり方によってはスムーズに進むはず。
そして、新しいカードがめくられ、覚えなきゃいけないカードが増える。
最初の何枚かは覚えきっているので、そこまでは早い。
問題は知らないカードをめくらなきゃいけない時。
祈るしかない・・・w

ところが、覚えていたはずなのに間違えることもある。
ものすごいドヤ顔で「よし、ここだ!」とめくってみたら・・・
あー!
「うあああああああああ!間違えた!」

何このトラップ!
カードが増えれば増えるほど、覚える情報が増えるのは仕方ない。
でも・・・でも・・・ちょっと違うこと考えた瞬間、堂々と間違えるw
一度間違えると、なぜか同じ間違いを繰り返す。
そんな状態だから、トド吉の手元には財宝が重ねられていく。

そして、あっという間に7ラウンド終了。
もちろん、トド吉の勝利。
記憶ゲームでは負けることが少なかったのに・・・というか、惨敗!

少しコーヒーを飲んで落ち着いて、頭の中を空っぽにして・・・いざ再戦!
さっきはちょっと気が散っていたからね。
今回は大丈夫。

ものすごく真剣に覚えていても、間違える時は間違える。
1戦目での敗北が悔しすぎたので、かなり真剣。

「あのさー」
「話しかけないで!忘れる!」

大人の本気w
この本気が良かったのか、さっきの勝敗は何だったのかという感じで私の勝利。
満足!

簡単なカードめくりかと思ったら、カードの場所をかえないところがおもしろい。
覚えていたはずなのに覚えていない。
土地か動物かなので、少しは救済になっているはずなのに間違える。
本気で遊びすぎて、終わった後はぐったりしてました。
いやこれ楽しいねw