・ポニーラン
 Pony Run(Simple Rules:2017)


ポニーラン

柵で囲われる前に、協力してカードを出していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ゲームの目的は、全員で協力して、柵が完成する前に馬と干し草で牧場をいっぱいにすることです。
すべてのカードをよく混ぜ、各プレイヤーに手札を配ります。
手番がきたら、まず持っている柵カードをすべて出します。
次に、アクションを選んで、1回実行します。
出来るアクションは、同じ色を持つ馬が3枚揃っていれば牧場に出す・干し草を1枚置く・蹄鉄で柵を壊すの3種類。
最後に手札が最初に配られた枚数になるよう、山札から補充して手番終了です。
これを繰り返し、柵が閉じる前に牧場が馬や干し草でいっぱいになるか、囲いが閉じてしまったらゲーム終了。
牧場が完成すればプレイヤーたちの勝利で、囲いが閉じたら全員敗北です。

私がスタートプレイヤーで、早速ゲームスタート。

「ごめん・・・柵が3枚出る」

そう。最初に配られた手札には、3枚の柵があったのでした。
しかもカードが揃ってないので、干し草を1枚置いて終了。
続くトド吉が、なんと柵を1枚も持っていないということでラッキー展開。
なぜなら・・・さっきカード補充したら、また柵が3枚きてしまったのでした。

「また柵が3枚出ちゃうのよね・・・」

これ本当に大丈夫なの?と思った序盤。
結果的には、ひどかったのは序盤だけでした。

「ピンクの水玉模様持ってない?」

協力ゲームだけあって、他のプレイヤーからカードを提供してもらうことが出来るのです。
自分1人じゃ3枚揃わなくても、2枚ならがんばれる。
もらえるのは1枚なので、2枚は自分の手札から出さなきゃいけないんですが。

でもどんどん出てくるのは柵。
トド吉も何とかがんばっていたものの、次第に柵が出てくるように。

「これ、大丈夫なの!?」
「ぎりぎり大丈夫かも?」

トド吉が蹄鉄を引き柵を壊しても、私の手札には3枚の柵。
囲われたら終わってしまうので、何とか抵抗したい。
そう上手くはいかないわけで・・・

時にはアクションを何も出来ない時もある。
それでも蹄鉄で壊しながら、あと2枚のところまできた。
柵もあと数枚で完成してしまう。
こういう時だけ、柵が手札になかったり。
そして、最後のところで、干し草を置いて牧場完成。
ぎりぎり間に合った・・・
というか、本当にぎりぎり・・・

4才から出来るというこのゲーム。
大人が2人で遊んでも、接戦の流れだったので楽しかったです。
ゲームも15分ほどなので、失敗しても繰り返し遊びやすい。
楽しかったですw


・高円寺0分すごろくや ゲーム紹介:ポニーラン / Pony Run