・ディファレンス
 Difference(Gigamic:2009)


ディファレンス
2枚のイラストを見比べて、間違いを探すカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

このゲームには4種類のイラストがあり、難易度が2種類あります。
カードをよくシャッフルし、1枚をテーブル中央に置きます。
残りのカードは各プレイヤーに、イラストを下向きにして平等に配ります。
全員同時に自分のカードをめくり、テーブル中央のイラストを見比べて、間違いを2つ見つけます。
見つけたら「ディファレンス」と叫び、違いを宣言。
正解なら、そのカードをテーブル中央のカードに重ねて置きます。
これを繰り返し、一番早く自分のカードをなくした人が勝者になります。

今回は難しいイラストで。
スタートしてしばらくは、私がすごい勢いで見つけていったものの停滞。
いつまでも、あと1つが見つけられない。
その間に、トド吉がどんどん違いを見つけてカードを重ねていくので、間違い1つはわかる。
でも残り1つがわからない・・・
ディファレンス
写真に撮って見るとすぐわかるのに、なぜかゲーム中は見落としてしまったという。
難易度高くしすぎたか・・・
ぎりぎりまで粘ったものの、数枚差でトド吉の勝利。
これは悔しい・・・
悔しすぎる・・・

ということで、イラストを簡単なサーカスにして再挑戦。
ディファレンス
スタートと同時に、すごい勢いで見つけていく私。
さっきのドラゴンでは、あんなに苦戦したというのに・・・
あっという間に間違いを見つけ、自分でどんどんカードを上書きしていく。
途中、どうしても見つけられないと言っているトド吉のカードを奪ってみると、やっぱりすぐ見つけられる。
何かが覚醒したの・・・?
この勢いは止まらず、あっという間に私がカードを全部なくして勝利。
気分がいいw

「平日の夜に遊ぶもんじゃないね・・・」
「脳トレというか、脳がさらに疲労度増した感じ・・・」

間違い探しは難易度関係なく大好き。
ゲムマではOKAZU brandさんで配布しているのをもらって、毎回楽しんでいるほど。
それにしても、最初のドラゴンは難しかったなぁ。
わかっているのに見落としてしまうんだから。