・ノーリア
 Noria(Spielwiese:2017)


ノーリア

プロジェクトに投資し、得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

細長いボードには、天空都市ノーリアと6つの議会場が描かれています。
ゲームの目的は、6つの議会場にある自分の代理人コマの価値を高めていくことです。
各プレイヤーは、工場ボードとアクションホイール、自分色の代理人コマ、工場トークンを受け取ります。
ゲームはラウンド制。
手番では、4つのフェイズを順に実行していきます。
自分のディスクを調整フェイズ、ホイール上のディスクを起動するアクションフェイズ、政治家を移動させる政治フェイズ、リングを回転させて知識を獲得する管理フェイズです。
全員が1手番ずつやったら、次のラウンドへ。
これを規定ラウンド繰り返したらゲーム終了。
最終得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

まずは自分のアクションホイール組み立て。
このゲームの見どころは、このアクションホイールだと思う。
ところが、毎手番3つのリングを動かすのに、とにかく素直に動かない。
丁寧にきちんと横にスライドさせないと、割とよくガコッってはずれますw
初期トークンをセットしたら、早速ゲーム開始。

実ははじまってすぐ、いまいち理解出来ていなかったことに気付いたのでした。
まぁ、よくあることだけど・・・。
目的が代理人コマの価値を上げることだから、それに対して何をやってあげていくか。
全部を平等にあげていくのは無理そうだったので、他の人の手番を眺めてからに。
出来るだけかぶりたくないし。

天空都市なら飛びたい!ということで、空島に自分の工場を建て始める。
投資するには資源は必要。
だったら、より多く得られる方法を探すわけで。
でも1回やると、しばらくは出来ない。
何せ最初はディスクが少ないので、1回やると回ってくるまで出来ない。
その間に資源をためこんでおいたり、新しいディスクを購入したり。
ディスクを増やしても、やりたいアクションはきまっちゃってるというか。
誤算だったのは、飛行艇の色と議会場で上げたい代理人が合っていなかったことw
よく見ろよって話だけど、途中で方針転換するとこうなる見本。

代理人コマそっちのけで、ひたすら空島を飛び回って飛行艇を集めていた私。
気付けば、トド吉といたるさんが議会場で争っている。
私も加わりたいけれど、ちょっと無理。
ということで、他の議会場を狙うことに。
そうすると、色々足りないものが見えてくるわけでw

基本的には自分の目的に向かって黙々と・・・になっちゃうなぁ。
何せ出遅れてるので、他の人がやるのを見て、それもいいなぁになってしまう。
一番ダメなパターン。
ホイールを動かす時に力加減間違えてはずれてしまうので、それを直すのもめんどくさい。
議会場の代理人コマを少しずつ上げていき、2人がデッドヒートしているところはスルー。
本当は違う代理人コマを上げたかったけれど、今からでは間に合わない。
だったら、今上がっているのをさらに上げて、あとは政治家キューブを除去していかないと。
このあたりになると、他の2人に何とか絡んでいけている気がしてくる。
飛行艇が底を尽きて、次にやれるのはどれだろうと考えた結果だけど。
それまでは完全に視界から消えていた私だったけれど、終盤はトド吉に政治家キューブを捨てられてしまったというか、視界にはいってしまった。
もっとも、自分の代理人がいるところを守ろうとすれば、他の人のを狙うわけで。
仕方ない・・・うん、仕方ない。
3人プレイなので、15ラウンドでゲーム終了。
勝ったのはいたるさん。

うーん・・・目的は議会場の代理人コマの価値をあげていくことなのはわかる。
それに伴って、あれこれ要素があるのもわかる。
でもなんだかすごく、スマートじゃないというか、変にややこしいというか。
1回遊んで、なるほど!と思う部分ばかりだったけれど、すぐにもう1戦とはいかなかった。
プレイ時間もちょっと長く感じてしまいました。
期待値が高すぎちゃったのかなぁ。
ボードやアクションホイールの見た目が、最高にいいんですけどね。

作者はきれいなお姉さんです。
作者