・フューヴィル
 Feuville(HUCH!:2017)


フューヴィル

フューヴィルの住民となり、ドラゴンの炎を避けながら、建物を建てていくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

大きなボードには、上にドラゴン、下に人物が描かれ、間はタイル置き場になっています。
各プレイヤーは、個人ボードとダイス、スタートタイルなどを受け取ります。
手番がきたら、ダイスを2個振り、出目でアクションを実行するだけ。
ボードに描かれた人物は、それぞれダイス目に合うようになっており、任意のダイス2個でオールマイティになるノームもいます。
置いた人物の能力を使う・縦列の勅命を取る・縦列の建物タイルを取るから選んで、アクションを実行します。
ゾロ目を振ってしまった場合、ドラゴンのマスに置かれ、ただちに炎の攻撃を受けます。
その後、ダイスを振りなおして手番を続けます。
プレイヤーは手番中ならいつでも、望むだけ建物タイルを建造することが出来ます。
最後に空いたマスに補充をして、次の人の手番に。
これを繰り返し、勅命が空になったら、そのラウンドを最後までやりゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

取った建物タイルは2枚まで保管しておける。
妖精の卵は便利な効果つき。
ゾロ目を振る前に、建物に雲が描いてある空をつければいい。
この3つを覚えておけばいい感じ。

とはいえ、手番ではダイス振って、出目で人物のところに置く。
その能力を使うか、タイルを取るかだけ。
得点は勅命タイルを取らないとはいってこない。
勅命は色々な種類があって、特に都市広域評価は指定の建物があることが条件。
当然、みんな門狙い。

まずは塔を建てなきゃと思うも、場に塔が出ていない。
普通の建物でも得点になるので、とりあえずタイルを取る。
置き場が2枚しか置けないので、もういいやで建造をはじめる。
これが割と悲劇。

誰かの手番でゾロ目が出てしまうと、炎は全員適用。
建造途中で空がないと、あっという間に燃えてしまい、タイルを裏返しに。
もっとも、6の目で使える魔法使いが元に戻してくれるので、序盤はそこまで脅威ではない。

基本的なタイルの補充は、横列が空になってから。
どんどん選択肢がなくなるので、そういう時は建築家が便利。
すべての列の空きマスを補充してから選べるのです。
2枚欲しければ酒場の主人。
他の人たちにも1枚ずつタイルがもらえる恩恵があるけれど、自分は最後にもう1枚取れる。
建築家と酒場の主人は、割とみんなが選びがち。

油断している時に限って、ゾロ目が出てしまうのも仕方がないこと。
よりによって6とかでw

「あ、6のゾロ目。ごめーん」

炎を避けるには雨雲が必要。
完成した建物には空が必ずついていて、そこに描かれている雲の数が建物の数以上ならセーフ。
私は当然アウト。
完成していないんだから、空なんてあるはずないw

次の手番で6が出たので、魔法使いの力で戻してもらったけど。
意外にゾロ目が出て、慣れていってしまったというか。

門と塔の争奪戦で、イラストを勘違いしてしまう。
門だと思ったら塔だったり。
最初に確認しておかないとダメ。
想定上に建物の数が増えていくので、多少減っても気にならないというか。
勅命さえ達成出来れば、そこまで炎も怖くないというか。
得点計算が発生するのは1回きり。
終わると芝生を置いてしまうので、二度と得点計算は出来ない・

なかなか減らないと思われていた勅命も、トド吉といたるさんの達成率で減ってくる。
そしてゲーム終了。
勝ったのはトド吉だったけれど、誰も悔しがらなかったという。

「いまこういうゲーム出しちゃうんだ・・・」
「うーん、もにょもにょする」
「でもフッフって元々こんなゲームばかりだったよね」
「確かに!」

そんな会話で盛り上がりました。
正方形大箱でテーマは悪くないのに、どんどん言葉を失っていく感じ。
これで中箱以下だったら、妥協もあったけど・・・って感じかな。
あと日本語ルールが読みにくいね。
言葉足らずというか。

Feuville
Udo Preise
Huch & Friends
2017-10-01