・リワールド
 Reworld(eggertspiele:2017)


リワールド

獲得したモジュールを母艦に積み込み、展開させて開拓して得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

このゲームは2章に分かれています。
第1章では、カードを使ってモジュールを入手し、自分の母艦に積み込んでいきます。
テーブル中央にボードを広げ、ランダムでモジュールを並べます。
各プレイヤーは、自分の母艦と船員カードを受け取ります。
スタートプレイヤーから順番に、ボードに船員カードを出してモジュールを取り、母艦のドッキングエリアに配置していきます。
カードは隣接しているカードがなければ自由に出せますが、すでにカードが配置されている場合は同じ数字のものを出さなければなりません。
両方隣接している場合は、両方と同じ2枚を出さなければなりませんが、任意のカード2枚で1枚のオールマイティ扱いが出来ます。
入手したモジュールは、母艦の出したカードと同じ数字の場所に置きます。
全員がパスをしたらラウンド終了で、次ラウンドの準備をして次ラウンドへ。
これを5ラウンドやり、第1章が終わります。
第2章では、母艦からモジュールを切り離し、開拓していきます。
スタートプレイヤーから順番に、手番では2つを実行します。
まずは1つのモジュールをドッキングエリアから取り、即座に使用します。
続いて移民船の条件を満たしていれば、移民船をストックから取って得点を獲得します。
おこれを繰り返し、すべてのプレイヤーのドッキングエリアが空になったらゲーム終了。
最終得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

ボードを広げて、まずは第1章。
モジュールを入手していきます。
横長のボードを広げ、ランダムで置いたモジュール。
取るにはカードを使うけれど、使ったカードと同じ数字の位置にしか積み込めません。
カードを出して取るのは簡単だけど、そんな単純なゲームじゃない。
第2章では、モジュールを宇宙空間に出さなきゃいけなくて、切り離し方が決まっているのです。
手札が偏りすぎてもつらいけれど、ばらばらすぎてもつらい。
そして、手番順すごく大切。

すでに置かれているカードの隣りを取るなら、同じ数字のカードを。
カードの取り始めは、まだカードがそこまで置かれていないので自由。
問題は空きマスがなくなってきた時。
両隣りに違う数字があると、その2枚が必要になるのです。
もっとも、欲しい数字がなければ2枚出せばオールマイティ状態。
どうしても欲しいモジュールがあればいいけれど、何でも良ければ色々と集めたい。
テラボットだけは、すべてのアルファベットが欲しい。
しかもラウンドが進めば、得点も増していくんだから取らない理由はない。

気を付けることというか、第1章の間に聞き続けたこと。
それは、第2章での切り離し方。
単独で飛べないモジュールもあるので、サテライトに持って行ってもらわなきゃいけないということ。
これがピンとこなくて何度も聞いてしまった。ごめん・・・w
だいぶ出来上がってきた私の母艦。
母艦
1つ1つ、どんな順番で切り離すか計算しつつなので、他の人のを見ている余裕はなし。

悲鳴を上げながら、順番を考えながらの第1章終了。
続いて第2章に入る前に、おもむろにボードをどかすトド吉。

「え?カード置くためだけ?」
「いや、この後ボーナスがあるからここは残すけど、こっちはいらない」
「なるほど」

ボードの大きさが半分以下になったところで、いよいよ第2章へ。
ここからは順番に母艦から切り離していくだけ。
並べ方だけは自信があったので、せっせと切り離しては、宇宙空間に都市を設立していく。
間違えて並べてしまったシャトルは、裏返してシールドに。
というか、シャトル取りすぎて余ってる。
途中、目標を達成したところで、移民船のボーナスが。
これにはちょっと出遅れ感があったので、ひたすら黙々と母艦からの引き離しを続ける。
そのうち、トド吉といたるさんはすべての切り離しが完了。
残るは私だけなので、これはどうかとかこっち?的な相談をしつつ。

そしてゲーム終了。
最後に最終移民船の得点計算をし、勝ったのはトド吉。

プレイ感は軽いのに、きちんと考え計画を立て、他のプレイヤーとの絡みも十分。
確かにおもしろい。
実質プレイ時間より、プレイ後の疲労度が心地よい。
長いだけで疲れるゲームが多い中、きれいに楽しませてくれたというか(上から目線)。
宇宙テーマというだけでおもしろいんじゃないの?と思っていたけれど、ゲームの内容もいい。
第1章で、あれだけ唸ってカードを出していたのに、第2章は切り離して配置していくだけ。
第1章がほぼすべて。
クラマーとキースリングのコンビでは、割と好みのゲームがあるけれど、これもまたおもしろいゲームでした。
わかってしまえば、もっと無駄のない配置が出来たんじゃないかと後悔するところもあったし。
でも細長いボードは邪魔だったw





新品ボードゲームリワールド 日本語版 (Reworld)
駿河屋