・マーリン
 Merlin(Queen Games:2017)


マーリン

円卓の騎士の1人となり、アーサー王の後継者を目指し得点を獲得していくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

大きなボードには、中央にダイス置き場、その周りにアクションサークルと各公国、外周は得点トラックが描かれています。
各プレイヤーは、自分用の城ボード、ダイス、マーリンの杖、任務カード、配下マーカーを受け取ります。
ゲームの大まかな流れは、ダイスの出目を使って騎士を動かし、対象のアクションを実行して、得点を獲得していきます。
ゲームは6ラウンド。
各ラウンドで、プレイヤーはアクションを4回実行していきます。
手番では、ボード中央のダイス置き場に、自分のダイスもしくはマーリンのダイスを1個置いて、自分の騎士もしくはマーリンを移動させます。
任務カードは、その手番で1枚まで達成することが出来ます。
全員がすべてのダイスを使い終えたらラウンド終了。
次のラウンドの準備と2、4、6ラウンドでは得点計算が発生します。
6ラウンド終了後、最後に追加得点の計算をしてゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

ボードが大きいのは、出来るアクションの公国が描かれているから。
見た目はかなり派手。
でもやることは、振ったダイス目の数字を使って、自分の騎士を何歩移動させるかだけ。
あとは、止まったマスのアクションを実行するけれど、これが悩ましい。
手順簡単で悩ましいって、良いゲームじゃないの?なんて思いつつ。

気をつけなきゃいけないのが、偶数ラウンドに発生する得点計算。
むしろちゃんと考えておかなきゃいけない。
得点計算は、4つのカテゴリーで達成度を見るのです。
自分ボードにいる反逆者を対応する盾で追い払うんですが、追い払えないと反逆者1つにつき3点減点。
小さな別ボードは郊外で、ここに荘園を建て各グループ最多なら勝利点がはいってきます。
そして影響力。
アクションによって、公国にマーカーを置いていくんですが、これも公国ごとに影響力のチェックで勝利点が。
他に特定の状況で達成になる任務カードがあり、これは達成した時にすぐ勝利点がはいってきます。

目の前に見える反逆者を追い払うために、まずは盾が必要。
ダイス目を見て、盾を取るにはどこへ行くかチェック。
そういえば、茶色とオレンジと黄色が微妙な感じで、よく間違えました。

盾を取るには自分の盾持ちを置かなきゃいけないくて、盾持ちを置くにはあのマスで・・・と逆算で考えていく感じ。
これが上手く出来ないと、永遠にやりたいアクションが出来ないし、これを必死に考えるのが楽しい。
ダイス目と移動歩数が連携しているので、その時々で考えるので、ついつい自分のことだけに夢中。
他の人がどんな感じか、見る余裕はそこまでないというか。

2ラウンド目までは、最初の襲撃に備えなきゃ!というのでいっぱい。
そんな私とは違って、トド吉は荘園にも手を出す。
得点計算では得点がはいってくるので、確かに手を出したいけれど、正直そこまで考える余裕がない。
加点出来ないなら減点されなければいい。

最初の得点計算が終わると、かなりゲームのことがわかる。
どんな感じで得点が入るかなど、目で見ると理解しやすいから。
勝負はここからが本番!

でも本当に・・・オレンジと茶色の見分けが厳しかった。照明のせいもあるけど。

私も早速荘園に手を出す。
どこに置こうか悩んでいると、ここだとこんな感じと教えてくれるおやじさんとトド吉。
優しいなぁw
やっぱり独り占めしたいし、いまさらトド吉やおやじさんがいるところにいっても得点にはならない。

ラウンドが進むと、かなり重要なのがマーリン。
白いダイスをどこで使うか、杖を使うかどうかが悩ましい。
他の人が動かしたタイミングに便乗して、マーリンを使うこともしばしば。
どちらにしても、ラウンドでは必ず使うことになるのだから、より良い場所で使いたいわけで。
序盤はどうしていいかわからなかったら、りんごを取ればいいと思っていたので、だいぶわかってきてるw

次の手番まで、自分の配下がいる想定で進めていると、予想外に戻ってきてしまうことも。
他の人がはいってきると押し出されてしまうのです。
出されてしまったのは仕方ない。
頭を切り替えて次の案に向かってまっしぐら。
ラウンドが進むほどにおもしろくなってくると同時に、序盤の失敗が自分でよくわかってくる。
いや、このゲームいいじゃないの。

荘園も気付けば満員状態になり、最後の襲撃に備えたらゲーム終了。
勝ったのはトド吉で、本当にぶっちぎりでした。

正直、フェルトのゲームは合わない場合が多かったけれど、リーネック効果なのか、かなりおもしろかった。
フェルトなのに面白い!を連呼してしまうほどw
プレイ時間も1時間半程度かかるし、何をやりたいのか決めていないと長考しがちだけど、満足度はかなり高かったです。
他にバリエーションルールもあるので、そちらも試してみたいと思いました。

Merlin
Queen Games Direct Import
2017-10-15