・アイランドホッパー
 Island Hopper(Eagle-Gryphon:2017)


アイランドホッパー

機長に荷物を運んでもらい、契約を達成していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

コンパス島をテーブル中央に置き、囲むように他の島々を配置していきます。
ラウンドカードをよく混ぜ、セットして山にしておきます。
各プレイヤーは、衝立、最初の所持金、契約カード受け取ります。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは5つのフェイズからなります。
新しいラウンドカードをめくり、指示に従います。
次に機長の入札をする機長の入札。
その後、砂時計が落ちきるまで機長に渡す賄賂を考える交渉、実際に機長が飛行機を飛ばす飛行、手札を補充する契約補充の順で行います。
契約補充の時に山札が尽きるか、最終ラウンドが終わったらゲーム終了。
お金を計算し、もっとも所持金の多い人が勝者になります。


SPONSORED LINK

機長が飛行機を飛ばす。
それは、コマを握って目を瞑り、このあたりだろうとコマを落とすこと。
これによって、狙っている島にコマが落ちれば、契約達成する場合も。
自分の契約を達成するには、賄賂を渡して狙っている商品を機長に運んでもらうわけです。
目を瞑ってというところが、私にはかなり好みw

今回は2人プレイなので、バリアントルール適用。
変わるのは機長の入札で、前のラウンドで機長じゃなかったほうが入札者になります。
入札者は商品3つを選んでコンパス島に置き、値段を提示。
それに対して、前回機長だったほうが、上書きして機長となり、残りの商品3つ取り替えるか、入札者に機長を譲るか。
あとは、本来の機長は商品を1個ずつ握り、プレイヤーの人数分飛行するけれど、2人なので3回飛行は確定。
指示トークンを捨てれば一言だけ喋れるけれど、2人プレイではそれもなし。
あれ?これ大丈夫なのかな・・・そんな不安のままゲームスタート。

ラウンドカードの指示に従い、お金を置いていく。
そして入札。
最終的にお金で競うなら、あまり使いたくない。
トド吉が提示した商品は・・・私の契約書とまったくかぶってない!
上書きして商品入れ替えて私が機長になるか・・・いやいいかな。
ということで、トド吉機長が商品を握ってフライトです。

1つ握って手を伸ばし、目を瞑ってさらに目を覆って手を動かし、このあたりかな?というところで商品落下。
しかし、島にのらず海へ。
残念!

というのを、静かに見守る私。
なんだこれwww
私の契約書とかぶっていないので、正直興味がない。
喋れないから合図も送れない。
本当にただ見てるだけ。

でも、機長をやってみたくなるのは仕方がないこと。
待っていても契約は達成出来ないのだから。

トド吉が選んだ商品にノー!を突き付け、商品を入れ替えて私が機長。
私がどの島へ配達しなきゃいけないのか、契約カードをよく見て距離感もつかんでおく。

「あ゛ー!惜しい!」
「・・・」

あ、うん。そうだよね。
君には関係ない商品だもんね。
1回だけやり直しが出来るけれど、それには契約カードを捨て札にしなければいけない。
だったらやらないかな・・・お互いまったく達成出来ていないし。

とまぁ、こんな感じで淡々とゲームが進み、気付けばゲーム終了。
終わった後、2人とも真顔で一言も発さず。

うーん・・・ルール間違ってないよね?
いやだって、2017年にこのゲーム出しちゃうのがわからん。
2人だから余計につまらなかったのかな?
久々に2人は完全にお断りゲーム?
でもバリアントルールついてるし、2人プレイを想定してると思うのよね。

2人以外で遊んだ人に、おもしろさのポイントを聞きたい。
無駄に大箱だから、違うところで悔しさが出てきたのでしたw