・インディアンサマー
 Indian Summer(Edition Spielwiese:2017)


インディアンサマー

タイルを並べて、自分の林床ボードをいち早く覆っていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

テーブル中央にゲームボードを置き、動物タイルを指定の位置に置きます。
各プレイヤーは、自分の林床ボードとリュックサックを受け取り、自分の前に置きます。
木の葉タイルをよく混ぜ、各プレイヤーはランダムでタイルを引いて、自分の林床ボードの横に1列にして並べます。
残ったタイルは、ゲームボードの周囲を囲むように置いてみんなの小道をつくり、空きスペースにベリーの茂みを置きます。
スタートプレイヤーから順に、手番がきたらアクションを1回実行します。
出来るアクションは、自分の小道からタイル選んで林床に配置するか、共通ストックからリスを取り林床に配置するのどちらか。
ゲーム中いつでも、特定の条件が揃えば、宝物を受け取ることが出来ます。
自分の小道のタイルがなくなったら、すぐにみんなの小道から取って補充します。
これを繰り返し、誰かが自分の林床を完全に覆ったら、そのラウンドを最後までやり、完全に覆ったプレイヤーの勝利でゲーム終了になります。

パズルゲーム三部作に位置付けされているこのゲーム。
1作目は『コテージガーデン』で、庭に花を咲かせました。
今回は紅葉が進む小春日和の森がテーマ。

ゲームに関係ないけれど、林床というのが聞きなれなくて「りんしょう?」となったのは内緒。
漢字で見ればわかるけれど、音だけだと何のことだかw

ボードを自分の前に置き、チャートになってるリュックは、せっかくなので2枚使い。
これならリュックもチャートも同時に使えるw
そしてゲームスタート。

基本的には、手番でタイル配置するだけなので簡単。
ところが、ボードに描かれたアイコンが思考の邪魔をする。
集めても得点にならないし、便利グッズなのはわかってる。
でも何となく穴をその位置に合わせてしまう。
そして今度は、穴が並ぶように配置して動物タイルが欲しくなる。
そんなことをしているから、なかなか区画が埋まっていかない。

私とは対照的に、トド吉は黙々と埋めていく。
遅れをとってる感は否めない。
でも使いたいタイルが自分の小道にない。
全部なくならないと補充出来ない。
そんな私のためにあるベリー。
これがあれば、手持ちのタイルが5枚になるまで即補充。

「ベリー使う」
「あーえー!?」

トド吉が狙っていたタイルを横取りw
そんなささやかな抵抗では、トド吉の勢いはおさまらず。
穴を揃えて動物タイルを置いている。

「それいいなー」
「がんばって並べたら?」

むききー!
それが出来たら苦労しないっていうの!
とか思いながら、もう動物タイルは諦めて、さっさとボードを埋めよう作戦に変更。
そもそも埋めなきゃ勝てない。
ラウンド終了時にお互い埋まっていたら、木の実の数で決するだけ。
ならば、先に埋めてしまえばいい!

紅葉がきれいとか、眺める余裕もなく、せっせとタイルを並べていく。
でもやっぱり動物タイルが欲しくて、がんばって手に入れたのは1枚。
この形はどうとか、パズルって苦手だから良い答えが見つけられない。
リスで1マス埋めをやっていたけれど、かなり非効率的だったと気づくのは中盤過ぎてから。
そして、何とかボードを埋めてはみたけれど、案の定トド吉も埋まってる。
ということは、木の実決戦。
パッと見てわかるほど、大量の木の実を見っているトド吉・・・
トド吉の勝利。

コテージガーデンとは、かなりプレイ感が違う。
でもパズルはパズル。
先に埋めた人が勝者だから、出来るだけ早く埋めなきゃいけないところが、私にはいまいち。
こんなにきれいなタイルを使うんだから、ゆっくりのんびりきれいな林をつくりたいなぁと思うのでした。
あと、動物タイルいっぱい置きたいw