・フォトフィニッシュ
 Photofinish: The Final Rush(Planplay:2017)


image3663

レースのゴール順位を当てて得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ステージカードをよくシャッフルしてテーブル中央に置き、横にレースカーを各色1個ずつ置きます。
各プレイヤーは、判定ボードとレースカー各色1個ずつを受け取ります。
ゲームは5ラウンド。
各ラウンドでは、レース、チェック、表彰の順で3つのフェイズを行います。
レースカードの一番上をめくり、ただちにトラックの面をレースカーの横に置きます。
すべてのプレイヤーは全員同時に、レースカーの順位を計算し、自分の判定ボードにコマを置いて予想します。
置き終えたら「フォトフィニッシュ!」と宣言します。
次に、実際にレースカーを動かし、順位のチェックをします。
最後にプレイヤーが正解しているかチェックを行い、得点を配布します。
これを5ラウンドやり、最終的にもっとも得点の高い人が勝者になります。

いまいちピンとこなかったので、まずは練習。
カードは両面仕様で、片方がレースカーのスピード、もう片方がレースコース。
なるほど。
カードをめくってレースカーの横に置くことで、そのレースカーのコースが出来上がる。
スピードは山札の一番上にある通り。
ここでわかりにくかったのは、並んでいるレースカーとスピード表記が同じ順で並んでいなかったこと。
おかげで、青はスピード3、3だとここをこう進んで・・・と、ちょっとややこしい。
これを頭の中で計算するのだから、急げば急ぐほど混乱するはずw

わかったところで、まずは一番簡単な都市レースから。
コースにはアイコンが描かれているところもあり、アイコンを覚えないと話にならない。

(青はスピード3で3歩進むけど、3歩目が燃料タンクだから+1で4歩目か)

(赤はスピードは1だけど、1歩目がロケットだから4歩目に移動)

(あれ・・・同時ゴールの場合はどっちが優先だったっけ・・・)

目でレースカードとコースを追い、頭で計算して覚えていく。
そして、素早く自分の判定ボードに、レース順を予想してコマを置く。

「フォトフィニッシュ!」

言ってから、トド吉と違うことに気付く。
あ・・・これ間違えてるやつだ・・・

掛け声を言っておきながら間違えると、受け取るのはペナルティ。
つらすぎるw

その後も何度となく、同じような間違いを繰り返したものの、まったく上達しない。
さらに難易度が高いコースにする?と聞かれたものの、もっと難しいなんて絶対無理ということで都市継続。
ちょっと考えていると、トド吉が光の速さで「フォトフィニッシュ!」。
間違えればいいのにと念を送っているのに間違えない。
ゲーム中、一度だけ間違っていたかな?程度。
終わってみれば、圧倒的な差で敗北。

「これ、ハイパーロボット好きな人なら簡単なゲームだ!」
「あ、そうかもね」

忙しいレースゲームw
慌てすぎて、頭の中が大混乱になって、再び考え直しもしばしば。
雪原や森林、砂漠と難易度の高いコースもあるので、得意な人にはぜひ試してほしいところ。
image3664
ちなみにコースチェンジしましたが、私は2レース終わったところでギブアップしましたw