・ドンキホーテ
 Don Quixote(Pegasus Spiele:2010)


ドンキホーテ

決められた場所にタイルを配置して、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、自分用の公国ボードとタイルセット、得点早見表を受け取ります。
タイルをよく混ぜて、裏向きの山にしておきます。
座標カードは全員共通。
よく混ぜて裏向きの山にし、2枚めくって公国ボードに城を置きます。
ゲームは3ラウンド。
各ラウンド毎に、違う枚数のタイルを公国ボードに配置していきます。
まず自分のタイル山から、ラウンドにあった枚数のタイルを表向きに並べます。
座標カード山の一番上のカードをめくり、その場所に表向きタイルから好きなものを配置します。
この時、出来るだけ道路がつながるように配置していきます。
表向きのタイルがなくなるまで続け、全員配置したら得点計算。
これを3ラウンドやり、もっとも得点の高い人が勝者になります。

自分の公国ボードに最初の城を配置したら、早速ゲームスタート。
1ラウンド目は9枚のタイルを配置します。

「A2!」

指定の場所に置くのはどれがいいのか、表向きの9枚から選んで置くだけ。
一斉に配置するけれど、こういう時気になるのが、他の人と同じ置き方をしてもいいのか。
別にいいと思うけれど(ルールには禁止とは書いていない)、他の人のを真似しても勝てないわけで。
悲鳴を上げつつ悩みながらも、あっという間に9枚配置完了。
得点計算。
とはいえ、最初のラウンドではそこまできれいに配置出来ていないので、得点も低め。
勝負は2ラウンド目からでしょう。たぶんw

今度はタイル山から7枚をオープン。
見れば、ちょっと偏っているような気がする・・・まぁいいか。
騎士をあまり重要視していなかったので、何とかつなげたいと思う。
でも外につながる道をどう作るか、どんなタイルがくればつながるのか、しばし悩む。
城につなげれば得点になる騎士、でも城への道路がつながらない。
だったら外向ければいいや的な。
しかも、各ラウンドでは、騎士の配置ではいってくる得点があるわけで。
その点、トド吉は上手くつないでいるのが悔しい。

そして運命の3ラウンド目。
残ったタイルすべてを表向きにして、何とか穴をふさぎたい。
ただふさぐのではなく、より高得点になるようにタイルを置きたい。

「F2!F2!」

めくられたカードにはG1と書いてある。

「そうじゃない!そうじゃない!」

置きたいタイルと場所が合わないのも、このゲームの苦しいところ。
仕方なくあきらめでタイルを配置。
まだチャンスはある。
でも・・・その期待は裏切られるためにあるわけで。
狙ったタイルが出てこないのと、狙った数字のカードが狙ったタイミングで出てこない。
最後はもうあきらめで配置して、ゲーム終了。
勝ったのはトド吉。
そりゃそうだよね。序盤から騎士で得点とってたもん(悔しい)。

ちょっと古いゲームですが、発売当時3人プレイしたままになっていたので、久々に出してきて2人で遊んでみました。
全員が同じ場所に違ったタイルを置くゲームと、同じタイルをばらばらに置くゲームがあるけれど、どれも最低限のおもしろさが保証されているんですよね。
あと、遊んだ気になれるのと、ちょっとの運が良い感じ。
思い描いていた公国にはならなかったけれど、所々きれいにつながるとうれしいのです。