・キーパー
 Keyper(R&D Games:2017)


キーパー

4つの季節を通して自分の村や農場を発展させ、得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

2017年のキーシリーズ。
場には、プレイ人数と等しい数の地方ボード、袋からランダムに取り出したタイルを並べます。
各プレイヤーは、自分色のプレイヤーボード、キープタイル、自分色のキーパーを受け取ります。
さらに最初のキープる8個を受け取り、自分ボードに置きます。
ゲームは春夏秋冬の4季節。
1つの季節では、手番がきたら4種類のアクションから1つを選んで実行します。
他のプレイヤーは、希望するなら手番プレイヤーのアクションに追随出来ます。
全員がすべてのキープルを使い終えたら、1つの季節終了。
見本市を開催し、動物を指定の位置に配置、最後に地方ボードを1枚獲得しながら、キープルとキーパーを回収します。
そして、次季節の準備をし、次の季節へ。
これを繰り返し、冬が終わればゲーム終了。
最終得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

今回のキーシリーズでは、パズルのようにめくって出る原料を変えられるボードが特徴的。
季節マークは季節に合わせて選ぶけれど、いつまでもパタパタやって遊んでいられますw
カラフルなキープルは、それぞれのマス色に合わせてあり、その色がないと選択出来ず。
でも白はオールマイティなので、何でも使える大切なキープル。
使ったキープルが補充されるのは、季節終了時。
しかもそれまでに地方ボードを物色して、どれを取るのか自分のキーパーを配置しておくんですが、その時獲得した地方ボードにのっているキープルが自分のものに。
むやみに1ヵ所集中してしまうと、他の人にキーパーを置かれてしまう悲劇が待っているのです。

最初はそんなこと構わず、出来るだけ平等に置いていこうかな?と、欲しい色でもキープルを散らす。
農場と村に分かれているけれど、とりあえず動物コマが欲しくて農場重視。
とはいえ、動物を置くには農場建物は欲しい。
ならば、まず農場建物を建てなければ。
そんな時、選ばれたのは建設アクション。

「あ!追随する!」

これ手番順が重要だよね。
みんなやりたいと、手番プレイヤーから順に1人しか追随出来ない。
割と追随(というか、途中から便乗って言ってたw)したくても出来ないことが多かったなぁ。

農場だけではダメなので、村の少ない建物の得点を増やすタイルが欲しい。
選ぶのはタイル獲得。

「タイル欲しいからこれにする!誰かやるー?」
「タイル欲しい!」

誰かが追随してくれると、私も得られるタイルが増えるのでうれしい。
他の人が追随したくなるアクションを選ぶのも大切なのね、なんて思いつつ。
タイルは獲得しただけではダメ。
建設しなきゃ効力は発揮出来ない。
そして、追随出来ないのならアップグレードすればいいじゃない。
広く手をつけても、どうせ考えが分散してしまって失敗するので、少数精鋭でまとめていくことに。
うっかりしていたのは、青いキープルで船を選んでしまったけれど、自分のキーパーを置いていなかったので、トド吉に船がある地方ボードを取られてしまったこと。

「あー!えー!ひどいわー!」
「そりゃそうでしょう」
「この恨み忘れないわー!」

自業自得なのはわかっているけれど、うっかりしてた。
しかも残った地方ボードには、キープルが6個しかのっていない。
早々にキープルを使い終えたけれど、まだ持っている人がいるので倒すことでまだアクションが出来る。
ちょっと得した気分w
でも次の季節はキープル6個だけどね!

1つの季節が終わり、まずは見本市。
意識していたので、無事にタイルを並べる。
そして、色々と回収。
少ないキープルに若干しょんぼりしつつも、地方ボードをパタパタするのは楽しいw
季節を夏にし、自分がやりたいマスを選んで出して・・・よし完了。

貴重な白は残しておくとして、農場を増やすにはレンガが欲しい。
でも木材も石も欲しい。
村の建物で変換出来るものがあるので、いっそこれにしよう。
プラスな考え方としては、早々にキープルを使い切って、他の人が使い終えるまでキープル倒しアクションをやっていられる。
これがせめてもの救い、というか割とお得。

キープル6個の失敗を再びやらないよう、今度はより慎重に。
白いキープルがある程度置かれていく中、そろそろキーパーを・・・と思ったら、トド吉に置かれた!

「また!またーーーーー!」
「いやいや。そりゃそうだって」

この男、いつも私の先をいく。
狙っていた地方ボードに置かれたので、再考することに。
残り2枚のうち、自分が欲しいキープルの色はどれだ・・・
そんなことより、建設の資材が足りない。
誰か追随してこないかな・・・

プレイ順で追随されてしまうと、自分だけぼっちアクションw
まぁいいけどね。
むしろ選んでマスをつぶしてやろう的な。
今日の私はかなり前向き。
だって、面白いんだもの。

そろそろいたるさんがキーパー置きそうだなぁと思い、ようやく私もキーパー配置。
これで次の季節は資材が入手出来る。
白は温存して・・・と、心はもう次の季節。
いたるさんが見本市に失敗して、悲鳴をあげていたのを横目で見ながらw
この時はまだ、悲しみに気付いていなかったのです。

巡る季節は秋。
そろそろ馬とか鹿とか欲しいなぁと思いはじめる季節(嘘
鹿はマスがある。
しかし・・・馬がない!馬!馬小屋タイル置いたのに!
期待は船。
でも青いキープルがいないので、船が取れない。

馬・・・私の馬・・・

諦めた(早
そして、馬が入手不可能なことで、見本市が失敗になることがわかる。
ダメならダメで早々に諦める。

自分の村に配置したタイルのアップグレードに集中。
となると、資材が欲しい。
誰かに追随することで、2倍おいしい。
でも鹿だけは入手しておく。
鹿は動物の中でも得点が高いからw

季節は冬。
1年の終わり冬。
正直、農場をいっぱいにして、さらにいっぱいになったら8点タイルも配置した私にやること・・・村かな。
斜めで得点を得られるタイルもあるし、動物ももう少し入るし。
無駄なくやりすぎたかな?と思うも、出来る範囲でゲーム終了に備える。
そういえば、宝石って1回しか取らなかったなぁ・・・なんて考えてたら、あっという間に終わったw

そして得点計算。
横着者で最後でいいやなんて思っていたら、いたるさんが計算してくれたw
間違えがなくていいよね(ぉぃ
終わってみたら、なんと私の勝利。
そういえば、キープタイルにキープルを置くほど余ってたのって、ゲームを通してトド吉だけだったなぁ。

これ面白い。
見本市も他の人より少なかったし、途中キープルが6個の時もあったけれど、少ないなら少ないなりにやりようがあった。
キーシリーズだと、キープルマストフォローのキーフラワーが有名なのかな?
あれも面白かったけれど、こっちの方がもうちょっとだけ面白い。
農場集中のプレイになったけれど、それでも勝てたというのが大きいかも。
たいていは平等にアップグレードしていた人が勝ったりするので、どちらかに集中して得点をのばしても勝てるんだなぁとうれしくなりました。
ただし、プレイ時間はそこそこかかります。
夢中になっていたので気付きませんでしたが、2時間くらい遊んでいたかな?



 新品ボードゲームキーパー (Keyper)