・カルバ:カードゲーム
 Karuba: Das Kartenspiel(HABA:2017)


カルバ:カードゲーム

自分の前にカードを並べて、冒険者を寺院へたどり着かせるゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、自分の色を選んでカードセットを受け取ります。
受け取ったカードセットは、裏向きでよくシャッフルして山にし、3枚引いて手札にします。
ゲームは8ラウンドで、各ラウンドは3つの段階に分かれています。
各自、手札から2枚選んで裏向きで自分の前に出します。
全員出したら一斉にオープンにし、2枚の合計値が一番低い人は1枚を選んで捨てます。
次に、各自カードを配置していきます。
最後に、手札が3枚になるように自分の山からカードを引きます。
これを繰り返し、8ラウンド終了時にゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

ボードゲーム版のカルバでは、親がランダムで選んだタイルと同じものを全員が配置する形でしたが、このカードゲームは違います。
各自同じ内容のカードを持っているけれど、使うカードはそれぞれランダム。
しかも、毎回数字比べをして、一番低い人は1枚しか配置出来ない。
並べ方は4x4。
果たして全部埋まるの?と思いつつ、カードをよくシャッフルして裏向きの山札をつくったら、いざゲームスタート。

手札をじっと見つめる。
なんで最初の手札から、神殿と冒険者揃っちゃってるの・・・
4x4で並べなきゃいけない上に、神殿と冒険者の距離が得点。
こんなに早くつながってもダメだし、カードはすでに配置されているカードに隣接しなきゃいけない。
どっちかは保留だな・・・

全員選んだら一斉にオープン。

「24!」
「12!」
「32!」

ぐはっ!
一番数字が小さかった人は、1枚捨てなきゃいけない。
2枚配置したいのに、1枚捨てなきゃいけない・・・あれ?どっち捨てよう。

あとは、それぞれ配置していくだけ。
最初の1枚をどこに置くかは重要ではなくて、むしろ後から配置するほうが重要。
全員ささっと配置して、手札補充。
さっき神殿残しておいてよかったーなんて思ったけれど、続く手札もまた悩ましい。

(だからなんでこんなに早く冒険者とか出ちゃうの・・・)

もう少し宝石がある道とか、他にもカードがあるのに。
神殿と冒険者だとどちらか1枚残したいけれど、最初に残した神殿が残っている。
悩んだ末、2枚選んで出す。
数字もそこそこだし、今度は大丈夫だろうw

こういうゲームって、気にする人なら数字全部覚えておいたりするのかな?
早見表もあることだし。
でもまったく気にしない。
16枚あるんだから、毎回数字の組み合わせから予想とかしない。
引いた手札で悲鳴あげるのが好き。

そんな行き当たりばったりでも、何となく見た目がよくつながりそうな気配が出てくる。
ところが、終盤はそこまで甘くはない。
むしろ、さっき捨てたカード返してほしい・・・

どれかを諦めなきゃいけない最後には、とりあえず神殿と冒険者をつなぐこと。
そして、短くても諦めなきゃいけないことに悔しさをにじませながら終了。
勝ったのはトド吉。

16枚のカードの中で、16枚すべてを使うことは出来ない。
そうなると、もっと少ないカードの中で、冒険者を神殿に・・・そりゃ難しいw
狭いのも相まって、高得点を狙うにはどうするのが一番か、終了後の感想戦が盛り上がりました。

・高円寺0分すごろくや ゲーム紹介:カルバ:カードゲーム / Karuba das Kartenspiel