・マイルストーン
 Capital(Granna:2016)


マイルストーン

ワルシャワに自分の地区をつくり、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ゲームでは、6つの時代をプレイします。
場にはボードを広げ、タイルを時代別に分けてよくシャッフルし、それぞれの時代に置きます。
マイルストーンタイルは、ボード上の規定位置に並べます。
各プレイヤーは、スタートタイルとコインを受け取り、マーメイドコマは得点マスに置きます。
ゲームは6つの時代で、1つの時代では建設と収入を行います。
建設では、ランダムで配られたタイル4枚から1枚を選び、一斉に売るか建てるかを選択。
残りのタイルは裏向きのまま、左隣りのプレイヤーに渡します。
建設を4回行ったら、次に収入。
収入では、マイルストーンの獲得と自分の地区で得点計算を行います。
3、4つめの時代では、収入の一番最初は戦争処理を行います。
そして次の時代へ。
これを繰り返し、6つめの時代終了時にゲーム終了。
コインを得点に変換し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

地区は最大12枚のタイルで構成される予定。
3x4、もしくは4x3の形になるように配置していきます。
最初はお金を持っているので、コスト安めで必要そうなタイルを1枚選び、残りはトド吉へ。
そして一斉にオープン。

「建てる」
「建てる」
「だよねー」

スタートタイルに隣接するように、選んだタイルを配置。
まだ小さい地区だけれど、きっと終了時には大きくなるに違いない。
そんな期待もありつつ。

タイルには色によってエリアが分かれています。
赤は住宅地、緑は公園、青は工場といった感じ。
序盤重要なのは収入源。
1つを大きくするより、細かく隣接狙い。
でも公園だけは、1つしか選べないので大きくしても問題なし。
むしろ、隣接している住宅エリアの数が収入に直結。
ところが・・・
公園と住宅エリアの上手いタイルがない。
仕方ないので、住宅地を増やしつつ、商店街も増やして収入を増やす。
公共施設はいまいちメリットがわからなかった(区切る程度?)だったので、そのままトド吉にそっと渡す。
何せ1枚選んではドラフトなので、これを渡したら次に回ってくるかな?と考えておくわけで。
建設するにはコストが必要で、最初の所持金では足りない。
そういう時は、タイルを配置せずに売る。
これで3コイン獲得。
取られるくらいなら売っちゃえの精神でw

そして、4枚のうち2枚配置したところで1つめの時代終了。
お互い寂しい地区が出来ています。
次の時代のタイルを配って、2つめの時代開始。
思ったより、さくさくと進んでいく。

実際に得点へ結びつけるようになるのは、戦争が終わったあたりから。
3つめの時代と4つめの時代では、タイルを除去しなきゃいけないので、どうしても捨てタイルを選んでしまう。
もういらないタイルはどれか、口に出さず考える。

地区にタイルが並び、収入が増えてきた頃には、今度は得点化を考える。
ここはやはり交通機関。
タイルに描かれている鉄道マークが、私に置いてくれと言っている(ように思える)。
ただし公共機関同士を隣接させてしまうと、1つのエリアとみなされるので離したい。
それには住宅地がネック。
そうだ・・・今こそ建て替えだ!
ということで、そこまで必要としなくなったタイルを上書き。
コインがなくても、差分だけでいいので建てられる。
それに5つめの時代に並んでいるマイルストーンがメトロ。
これは狙わないわけにはいかない・・・w

最後は、決められた12枚はとっくに置き終えているので、より高い得点を目指すにはどうするかだけ考える。
ここをつぶして2点、こっちだと4点といった感じ。
そして、ゲーム終了。
得点計算をしてみたら、なんと私の勝利。
これはやはり鉄道パワーw

グランナのゲームは、鳥肌がたつくらい興奮的ではないけれど、安定した感じ。
プレイ感は今までのゲームと変わらないかな。
手軽なタイル配置で、ドラフトが悩ませてくれ、最後はより効率よく得点化を考えさせる。
遊んでいる間は、ずっと独り言を言っていたような気がしますw

マイルストーン
ヘムズユニバーサルゲームズ株式会社