今日はゲムマの新作を遊ぶ会でした。
メンバーと場所は、いつもの平日会のほう。
いつもよりちょっと早めの集合で、遊んだのは12ゲーム。
遊んだゲーム
まずは前半6ゲームの簡単な説明と感想を。

とりおとし・とりおとし四等星
空から落ちてくる餌を上手に移動していって取るゲーム。降ってくるのは餌だけじゃなく、石や毒餌も落ちてくる。上手く避けながら時には他の人に石をぶつけて落下させたり。移動はランダムのカードなので、思うように動けないことがしばしば。避けたつもりがプレイヤー同士でぶつかって落下してしまったり。ぶつけた石も同点だと必要だけど、持ってたらぶつけるよねw 気になったのは、プレイヤー同士の衝突で落ちた時の復活方法。何かルールを見逃してたかなぁ?

ミープルダイス・ミープルダイス東京ゲームメイカーズ
3つのミープルを転がして得点獲得。着地方法で得点配分が違うので、ついつい大技狙い。「立て!ミープル!」とか掛け声にも力がはいってくる。でも立たない。良くて横向き、たまに斜め片手立ち。中盤までは高得点の技が出来なくても、ふいに立ってくれる瞬間に高得点。まるで○ララが立った!状態で大喜び。まさに、ミープル大地に立つ。でもほとんどの場合、ミープルは寝てますw 楽しいゲームだった。


どうぶつならべ・どうぶつならべ(Circle F5)
カードを出して動物を入れ替え、昇順もしくは降順に並べ替える。最終的に位置が合っている分だけ得点に。せっかくきれいに並べたのを並び変えられてしまったり、使いたいカードが出てこなかったり。場のカードを回収しないと山から引けないけれど、回収が5枚でゲーム終了。今ある動きで何とか揃えたい。でもそれが上手くいかなくて難しかった。得意な人なら簡単なんだろうな。カードイラストの動物が数字になっていて可愛かった。

TAVERN QUEST・TAVERN QUESTmerry-andrew-works
真ん中くらいがちょうど良いカードゲーム。カードを選んで一斉にオープン。数字比べで小さい順にコインを取っていく。使ったカードを戻すにはコインが必要で、どの程度使ってどこで得点化するのか自分との戦い。上手く真ん中を狙っていったけれど、もう少し違う出し方があったかな。高い数字はコインをたくさん入手出来るけれど、取る順番が後なので残っていなかったり。小さいカードはコイン数が少ないので、本当に真ん中がちょうどいいゲームでした。

七月七日の七夕に・七月七日の七夕に九品
ダイスを振って出目を使い、カードを獲得。カードの中から選んで順番に出す。そしてカード効果を使いながら得点獲得。織姫と彦星が揃ったタイミングで得点化出来た時はうれしかった。他の人がどんなカードを取ったのか予想しつつ自分が選んでいくので、カード選びにちょっと時間がかかってしまうのが気になったかな。ゲームには関係ないけど、七が並んでると海外の人は不思議に思うんじゃ?という話になり、轟のようなものだよねなんて適当なことを言いましたw

神倭のくに・神倭のくに植民地戦争+α
ダイスを配置してアクション選択。私はスサノオ担当で。スタート時には竪穴式住居ではじまり、早々に高床式に。なんだかこう進化した!って感じだし得点も高い。必要な資源を入手したいけれどダイス目が上手くいかない。そんな時は街道でキューブに変換したり。さらに土地を広げて得点を増やしていったけれど、ダイスももっと入手しておけばよかったなぁ。手番順大切。アクションを選ぶ時は、他の人のダイス目もチェックしておくのも大切です。高床式最高。

(つづく)