・MONSTER MAKER モンスターメーカー(アークライト:2018)

モンスターメーカー

地下の迷宮を進み、宝物を獲得して戻ってくるゲームです。
翔さん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、よくシャッフルした冒険カードを5枚ずつとゲーム進行カード、往路復路タイルを受け取ります。
ゲームの目的は、地下迷宮を進んでいき、宝物を獲得して戻ってくることです。
ゲームの流れは、スタートプレイヤーから順に手番を繰り返していきます。
手番ではアクションを1つ選んで実行し、最後に手札の調整をします。
出来るアクションは4種類で、迷宮の移動・モンスターの配置・モンスターとの戦闘・手札の破棄です。
これを繰り返していき、往路で使用した迷宮以上の復路を移動した人から順に、ゲームから抜けます。
残りのプレイヤーはゲームを続け、全員が帰還するか手札がなくなったらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

久しぶりに遊ぶので、ルールを確認しながらカードチェック。
旧版も準備してあったので、カードの変更を見比べながらw
手札を5枚持ったら、いざスタート。

早々に進んでいく翔さんとトド吉。
私といえば、手札にキャラクターが多めにきてしまい、なかなか進めない。
あ、そうそう。
距離が10刻みになったことで、誰がどれくらい進んでいるのか見てわかりやすくなりました。

「今どれくらい進んでる?」
「50くらい」
「そう・・・私まだ10だよ」

そのうちに、翔さんとトド吉のモンスター押しつけ合戦が始まる。
横目で見て、存在をひっそり消しつつ、小部屋で宝物を入手。

「あ!そのカードいい!」

(ちっ・・・ばれたか)

今度は私も巻き込んで、モンスター押し付け合い。
でも大丈夫。
新版では、キャラクターがいなければ、手札を捨てて引き直せる。
助けてくれるキャラクターがいないなら、手札全部交換しちゃえばいいのよw
そんなことしなくても、イベントで手札が1枚になることもしばしば。
これなら手札の回転がかなり良い。

そのうちに、翔さんが折り返し、トド吉も折り返し。
私といえば、ようやく進めるようになって、遅ればせながら折り返し。
復路はモンスター合戦。
キャラクターを出してはダイスに念を込め、そしてモンスターを除去。
さっきまでのキャラクターたちがいたら、こんなモンスター一撃なのに。
必死になって復路を駆け抜けていくも、早々に翔さんが帰還。
ここからは、私とトド吉が手札のみで帰還を目指す。
手札に残しておいた迷宮カードが役に立ち、ちゃんと帰還することが出来ました。
残念なのは、トド吉も帰還出来たこと。
距離を多少オーバーしても、往路と復路で距離分がマイナス点になるだけ。
カードさえ残っていれば帰ることは可能なのです。
それでも、一番先に迷宮最奥に到達してボーナスを取った翔さんにはかなわず。

モンスターメーカーは遊ぶたびに「やっぱり好きだなぁ・・・」と感じるゲームです。
それは、このゲームがきっかけでボードゲームを覚え、今ではこんな立派になった(?)というのもあります。
今でも覚えている・・・遊んだ日はほぼ徹夜で、これだけを遊び続けていたことをw


MONSTER MAKER モンスターメーカー amazon


新品ボードゲームMONSTER MAKER モンスターメーカー 駿河屋

ここからは、私の独り言劇場開演。
あの『モンスターメーカー』が、装い新たに復活。
私にとっても、ボードゲームをはじめるきっかけになったゲームなので、かなり思い入れが強いのは周知の通り。
一般販売に先駆けて遊びましたので、感想と気付いた大まかな違いなどを紹介したいと思います。
リバイズドではなく、一番最初の『モンスターメーカー』と比較しています。

・イラストが変わった
カード比べ
キャラクターのイラストは平尾リョウさん、モンスターのイラストは下釜陵志さんです。
変わったといっても洗練された?今風になった?という感じなだけであって、元のイメージを残して生まれ変わったキャラクターになっていて素敵です。
ルフィーナ
ルフィーナ
カナーン
カナーン
ガンダウルフ
ガンダウルフ
黄金像
黄金像もこんな風に。

・手札上限が5枚になって、カード内容が変わった
旧版では7枚でしたが、この新版では5枚に。
カード内容も変わっています。

・脱落がなくなった
旧版では戻れないと迷宮の中で死亡になりましたが、新版では足りない距離をマイナス点にすることで脱落がなくなりました。

・選択ルールが増えた
人数で迷宮の距離を変えるのは従来通り。
そこへさらに報酬ルールが加わっています。

・手札の破棄が出来るようになった
旧版では手札次第で何も出来ない状態になることも多かったんですが、新版では手番で出来ることに手札を任意の枚数破棄出来るようになりました。
これによって、ダメな手札の入れ替えが可能に。

・往路と復路が見やすくなって、距離がちょうどじゃなくなった
これは往路・復路と書かれたタイルが加わって、パッと見てどっちがわかるようになった便利グッズ的な?
往路と復路は同じ距離じゃなきゃいけなかったのが、得点計算で調整が入るようになったので、多少行き過ぎ・足りなくても大丈夫。でも復路は足りない分が2倍のマイナス点に。

これくらいかな?
他にも変わった点があるかも知れませんが、そういえばそうだったね的な感じで、遜色なしで楽しめました。
箱比べ
結論:新旧どちらもいい。
旧版を遊んだ私としては、あのどうにもならなくて呆然とする状態も好きでした。
遊ぶメンバー・場所・その時の気分などで、新旧使い分けていきたいです。

今年はまだまだ『モンスターメーカー』。
予定では春頃には記念盤が発売するはず。
そちらのイラストは、往年のモンスターメーカーファンにはたまらない九月姫さん。
すごく楽しみだし、もちろん買います!
個人的には、シリーズの違う作品も新しい形で出て欲しいんですが、きっと無理だろうなぁ。