・カフェファタール
 Cafe Fatal(Zoch:2017)


カフェ・ファタール

ダイスを振ってテーブルを選び、ケーキやピザのピースを集めるゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

各プレイヤーは、自分色のダイスを受け取ります。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは準備・アクション・分配の順で実行していきます。
準備では、テーブルボードにピースを置きます。
アクションでは、順番にダイスを振って、テーブルに置いていきます。
手番がきたら、まだテーブルに置いていないダイスすべてを振って出目を1つ選び、同じ出目のダイスすべてをテーブルに配置します。
全員のダイスがすべて配置されたら、ピースの分配。
テーブル毎にダイスの数を比べ、一番多く置いた人がピースを受け取ります。
そして、スタートプレイヤーを移動して次のラウンドへ。
これを繰り返し、誰かが40点に到達するか、袋に入っているピースが足りなくなったらゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

このゲームで使うピースは3種類。
チーズケーキが一番枚数が多く得点も低い。
なんといってもタルトは枚数が少ない上に、得点も高い。

狙うならタルト!

なんて思っていたら、枚数が少なすぎて出てこない。
1ラウンドに1枚出るか出ないか。
逆にチーズケーキが多すぎるw
ピースは、5つ集めると完成して得点が倍に。
チーズケーキだって、完成すれば10点。

そしてダイスを振る。
最初のスタート位置はとても大切。
なぜなら、次の手番からはすでに自分がダイスを置いたテーブルに隣接するようにしか置けないから。

(タルトはみんな狙うだろうし、ここはチーズケーキとピザに近いところでいいかな・・・)

とはいえ、目が同じダイスは一度に全部配置のベガス方式。
すべてはダイス運にかかっている。
ダイス目がばらばらならいい。
次の手番で上乗せ出来るかも知れないから。
きれいにダイス目が揃っていた時は悲鳴ものw

みんなが何となく角からスタートしているので、ダイスを置いているとどこかでぶつかる。
もちろんタルト付近は激戦区。
おやじさんが楽しそうにタルトを狙えば、ママとトド吉がピザかぶり。
誰にも見てもらえないチーズケーキ回収は私。
最初のラウンドは、とても静かに過ぎていき、本番は2ラウンド目から。

前ラウンドで誰も取らなかったピースは、テーブルに残りっぱなし。
さらに1つ置かれるので、取らなければ増えていくピース。
こうなると、数が多いテーブルに人気集中するのは仕方ないこと。
誰かがダイスを置いていても、数で上回れば勝てるので、ダイスを振る手に熱がはいります。
隣接にしか置けないルールで、他の人がすでにいるテーブルを通らなきゃいけないので仕方なし。

「おっと。すみませんねぇ」
「あー!負けてる!」
「このピザいいよね、うん」

口々に適当なことを言いながら、満面の笑顔で上書き。
手番があっさり終わってしまうこともあるし、いつまでも1つずつ置いて手番をやっていることもある。
特にタルトを獲得していると、全員共通の敵になるw
今回はおやじさんが標的。
ところがおやじさん、のらりくらりと上手くテーブルを取っている。
1つぐらいタルトを持っていたとしても、完成しなければいい。
他の人が獲得したピースをチェックしつつ、テーブルを選んでダイスを置く。
序盤はなかなか集められなかったけれど、少しずつ揃ってくるピース。
あと1つという時に、なぜか同じ目ばかりで少ない枚数しか取れなかったり。

そんなピース争奪戦も、気付けば終了。
夢中になってたので気付かなかったw
勝ったのは、おやじさん。
やはりタルトか!

持ってるダイスを振って配置のち獲得って、どうしてもベガスが印象強い。
これはもっとライトに遊べて、集めるのがケーキやタルトなのもいい。
それでいて、他のプレイヤーとの駆け引きにダイス運と、少しずつ全部が入っている感じ。
楽しかったですw