・チックウッドの森
 Chickwood Forest(Zoch:2017)


チックウッドの森

カードを並べて入手して、名声を獲得するゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

すべての戦利品カードをよく混ぜ、各プレイヤーに3枚ずつ配ります。
場には、3列各3枚の村カードと数字別に山をつくった城カードが並びます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドでは3つの手順を順番に行います。
最初の城の偵察では、手番順に手札からカードを1枚、任意の城へ出していきます。
次に、手番順で城カードとその前に置かれている戦利品カードを獲得します。
最後に支援金の分配をしたら、ラウンド終了。
ラウンド終了処理をして、次のラウンドへ。
これを繰り返し、ラウンド終了時に全員に配るカードが足りなくなったらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも名声の高い人が勝者になります。

ゲーム開始時は、ランダムに配られる城カード。
城には数字が書いてあり、これがプレイ順。
そして、このゲームでとても重要なカードの出し方も指定されているのです。
手番順が遅いと、その分、裏向きで出せる枚数が多く、手番が早いと全部公開で出す。
各城には並べられるカード枚数が決まっているので、自分の手番順で獲得出来そうな場所に良いカードを仕込みたい。
でも、そうは上手くいかず、他の人にいらないカードを差し込まれて悲鳴をあげるw

それでも、手番順を先に取りたい時がくる。
それが戦利品にある村カード。
村カードでは、場にある村へ自分のキューブを置くことが出来て、最終的に得点が得られるかも知れない。
置いたキューブの数で得られる得点が変わってくるのと、複数個置く時の置き方が一筆書き。
充分空いているうちに多くのキューブを置きたいわけで。

そして、宝箱は1種類しか必要ない。
1種類なら得点が倍で、カードにも描かれている。
他の宝箱はマイナス点でしかないのです。
でも得点計算では、まずバーストから入るので、多めに持っておかないと1枚は強制的に捨て札。
他の人がどの色を持っていったか気にしつつ、欲しそうな城に違う色の宝箱を仕込むとか。
とっても意地悪で自分だけが得したいゲームw

得点計算が細かいけれど、それはすべてカードにイラストで描かれているのでわかりやすい。
あとは、自分がどの城を狙うか、どうやったら自分だけが得をするのか考えるだけ。
これが適度な悩ましさ。
意地悪しても意地悪だけじゃ勝てないし、当然報復されるしw
カードを順番に置くだけなのに!

「ここにオープンで置きます」
「じゃ、クローズで置きます」
「この宝箱さっき持って行ったたような?じゃ、これクローズで」

にやにやが止まらないというかw

「ちょっ!ひどいなー!」
「いやいや何をおっしゃる」

やばい。楽しい・・・w

序盤は空いていた村だったけれど、ある程度得点源が確保出来て余裕が出てくると、当然のように村が大渋滞。
あっという間に埋まっていく。
カードの出方も村が一気に出てきたりしたせいもあるけど。
最後のほうは、3個置けても置く場所がないとか。

「ここに置くと得点もらえる」
「こことここは、どっちに置いても一緒かな」

みんな良い人ばかりwww
そしてゲーム終了。
各自、獲得した戦利品で得点計算。
勝ったのはトド吉。

私には戦利品で名声を獲得するというより、いかにカードをいやらしく置いて、自分だけおいしい城を確保するかのゲームでしたw
こういうのって、他の人の悲鳴とか、狙っていた城がぶち壊しになったりとか、そういうところが楽しくて仕方ないんですよね。
序盤で獲得した宝箱をいかに増やしていくか。
余計な戦利品をどれだけ受け取らずにいられるか。
名声は競うけれど、ある意味、自分との戦いを感じずにはいられませんでした。