・ミニッツレアルム
 Minute Realms(dV Giochi:2017)


ミニッツレルムス

カードを並べて自分の領地をつくり、侵略者を撃退して得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

テーブル中央に侵略トラックを置き、侵略トークンを1つの山にして数字の上に置きます。
建物カードをプレイ人数に応じてセットし、シャッフルして裏向きの山札をつくります。
各プレイヤーは、コインを受け取ります。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは2つのステップからなります。
スタートプレイヤーから、建物カードを獲得していきます。
次に、獲得した建物カードを自分の前に建設するか、防御壁にするか決めます。
すべてのプレイヤーがカードを選んで建設したら、ラウンド終了になり、侵略マーカーの山を次の数字に移動させます。
4ラウンド目と8ラウンド目に、ラウンド終了時に侵略が発生。
8ラウンドやったら、ゲーム終了で得点計算。
もっとも得点の高いプレイヤーが勝者になります。

まずは建物カード選び。
2人プレイなので、場には4枚のカード。
自分とトド吉、そして場に2枚。
他の人のカードを選ぶと、コストを払わなきゃいけない。
でも魅力的。
今回は最初に、建設コスト0のカードが並んでいるし、そこまで悪くないので自分のカードを取って終了。
トド吉も同じく。
そして、お互いカードを建設して、残った場札を捨てたら1ラウンド目が終わる。

あれ?早くない?

カードに侵略マークがなかったので、侵略ボードにマーカーが置かれることもなかったし。
これはこのまま進むのかな?

次のカードでは得点を意識してコストを考え出す。
コストを払って、さらに建設コストが払えるのか?
払うためには収入が欲しい。
トド吉が私のカード選んでくれないかなぁとか考えつつ。

前半の侵略は4ラウンド目だし、まだ準備しなくてもいい。
気にするのはカードのアイコン。
そして、アイコンを勝利点に結びつける効果があるカード。
こういう時に限って、あれもこれも欲しい。
でも選べるのは1枚だけ。

あまりに淡々と進むので、少しずつ悪い顔が出てくるw
侵略マーカー出して、自分は防御壁にしちゃおう。
でもトド吉も同じようなことをしてきたので、侵略されても防ぐことが出来てしまった。

うーん?

とまぁ、こんな感じでゲームが進み、気付けば最終ラウンド。
侵略があったけれど、お互いに防御出来たので、建物の得点勝負。
アイコンを勝利点に変えられなかった差で、トド吉の勝利。
ちゃんと見ておかないとダメだなぁ。

これ2人だといまいちというか。
お互い平和主義だったのも影響してるのかなぁ。
ものすごく得点を取るために、考えて考えてっていうのが少ないというか。
最低3人はいたほうが、侵略者が効果ありそう。
建物もカード選びには困らなくて、苦しい展開にもならなかったし。
イラストもいいし、カードを選んでコストを払ってと好きな要素が多めだったので、あまりにあっさりしていてびっくりしました。