・アクシオ
 Axio(Pegasus Spiele:2017)


アクシオ

タイルを並べて、色別に得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

大きなボードには、プレイ人数別で使う領域が示されています。
すべてのタイルを袋に入れ、各プレイヤーは袋の中からタイルを5枚ずつ引いて手札とします。
手番では、まず手札から1枚選んで配置。
配置したことで発生する得点を記録。
可能ならピラミッドを配置し、手札が5枚になるように袋から補充して手番終了。
これを繰り返し、ボードにタイルが配置出来なくなったら、ただちにゲーム終了。
もっとも低い得点を比べ、高いほうが勝者となります。

まずは手札を見る。
うん。上手くない。
狙うのは「アクシオ!」、そして1マスだけの空き。
とりあえず、手札が偏っている色をのばすか・・・
という思いはトド吉には伝わらない。
つまり、便乗していくか、独自に色を揃えて踏み台にされるか。
そこが一番悩ましいというか、そういうゲーム。
そしてピラミッド。
孤立してしまったマスがあれば置くことが出来る優れ物(?)で、置いたことで隣接する各色1点がはいってくるのです。
でもまぁピラミッドを狙うなら、自分の得点のばすよね。
そう考えていた時期がありました・・・私にも。

トド吉がピラミッドを建てては、得点を獲得している。
私の負けじと追ってみるものの、なかなか一番ひくいタイルが引けない。

そうこうしている間に、天才チャンス。
てか、今さら「アクシオ!」なんて叫べない。
ついつい「天才!」とか、「天才もう少し」とか言っちゃうわけでw
もう1枚タイルを置いて、手番終了。
ダブル天才ならず。

調子が良かったのはこの一瞬だけ。
あとは、何とかのばしたい赤が上手くいかず。
というか、ボード上で赤チャンスがないというか。
そしてトド吉も天才チャンスで天才。
私はひたすらピラミッド置きにシフト。
でも赤がのびない。
むしろ、トド吉のオレンジに手助けしている状態に。
終わってみれば、2点差でトド吉の勝利。
ピラミッドで赤を小さく蓄積させればよかった。

これ頭脳絶好調(インジーニアス)シリーズだよね。
今まで色々なシリーズを遊んできたけど、やっぱり2人用のミニが一番好きだなぁ。