・サグラダ
 Sagrada(Floodgate Games:2017)


サグラダ

サグラダファミリアを舞台に、ステンドグラスを完成させて得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、自分用のボードと個人目標カード、窓パターンカードを受け取ります。
窓パターンカードから1面を選び、ボードに差し込み、カードに書かれた難易度で恩寵トークンを受け取ります。
ラウンドトラックと道具カードを場の中央に置き、ダイスをすべて袋に入れます。
ゲームは10ラウンド。
スタートプレイヤーはまず、袋からプレイ人数に合った個数のダイスを取り出し振ります。
振ったダイスはダイスプールに置きます。
スタートプレイヤーから順に手番を1回やり、次に逆順でもう1回、合計2回手番がきます。
手番がきたら、ダイスを1個取って自分のボードに置く、道具カードを1つ使うの2つを任意で実行します。
残ったダイスは、ラウンドトラックの上に1個置きます。
ダイスが入った袋を次のスタートプレイヤーに渡します。
これを繰り返し、10ラウンドが終了するとゲームも終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

「インスタ映え」という言葉通り、カラフルなダイスにステンドグラスをモチーフにしたボード。
確かに見栄えがかなりいい。
ボードにはダイスをはめ込む窓があるので、配置したダイスがずれることもない。
あっという間に三版までいくはずだなぁ、なんて思いつつ。

自分のボードには、ゲーム開始時に選んだパターンカードが差し込まれています。
このカードには、ダイス目や色が指定されているマスがあります。
基本的にダイスの配置は、縦横で同じ色や同じ数字が並んではいけないのです。
そこを踏まえて、何色か、何の数字が良いのか考えておかないといけない。
しかも最初は外周からしか置けない上に、次からはすでに置いたダイスに縦・横・斜めで隣接しなきゃいけないのです。
見た目はきれいだけど、ゲームは難しそうw

振られたダイスを見る。
ボードの窓は20マス。
全部埋めようと思ったら、出来るだけがんばって毎回取らないと埋まらない。
でも外周からなので、とりあえず個数が少ない色を獲得。
ダイスがきっちりはまるボードいいねw

前半は、割とダイスに選択肢があるので考えつつもダイスが置ける。
問題は後半戦。
スタートプレイヤーが誰なのか、何色のダイスが何個出てくるのかがすごく重要。
でも振られたダイス目が合わなくて、悲鳴をあげ始める。
他の人たちがw

道具を使ってダイス目を変えることも出来るけれど、最初の人はいい。
同じ道具を次に使おうと思ったら、恩寵トークンの数が増える。
私は難易度低めだったので4個しか持っていないし、使わなければ終了時に1個1点になる。
だったら、このままがんばれ私!

「あ。おれこれ置けない」

いたるさんの突然の告白w
途中で気付いた場合、ダイスを取り除いて空きマスに。
ゲームが終わっても19個しか埋まらない悲劇。

「赤がない!」
「青はいいけど、その目じゃダメ!」

そんな悲鳴があがり続けるのが、後半5ラウンド。
黙々とダイスを配置する私。
結果、終わってみるときれいに全部配置。
それだけで、ものすごい達成感と勝った気分にw

そして得点計算。
最初に受け取った個人の目標カードは青。
だから青いダイスを多めに欲しかったのでしたw
共通の目標カードは、空きマスがない私が目を見開いてチェックする。
恩寵トークンも使わなかったので4点獲得。
合計してみたら、なんと私の勝利。
これはうれしい!
こういうゲームで、ここまで上手くいったことがないからw

出来上がった後は撮影会。
きれいに並んだカラフルなダイスとボードが、まさにステンドグラス。
ゲームはダイスを取って道具を使うかだけのシンプルルールなのに、がんばってつくったステンドグラスは見栄えがよくて自慢したくなりますねw