・グラム
 Grumpf(La Boite de Jeu:2017)


グラム

6ヵ所の狩猟場に自分の一族を配置し、獲物を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

6枚のボードは狩猟場で、それぞれ獲得条件と獲物が違います。
各プレイヤーは、自分のグラムトークンを受け取ります。
ゲームは4ラウンドで、まずは獲物を狩猟場に並べます。
そして、全員一斉のアクションで、自分のグラムを狩猟場に配置していきます。
最後に、各狩猟場での獲物獲得判定をします。
これを4ラウンドやったらゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

SPONSORED LINK

なんだ簡単じゃん!と思ったけれど、そう簡単ではありませんでしたw
獲物は袋からランダムで12枚出てきますが、どの獲物も狩猟場が決まっているので、時には獲物がいない狩猟場も。
問題は、獲物をハントする時の同時アクション。

まずは自分のグラムたちを手に持って持ち上げ、掛け声と共にバラバラ落とす。
あとはひたすらグラムの表裏をめくりながら、好みの数字ならそのまま狩猟場へ配置。
ただし、使えるのは片手のみ!
同じトークンを何回めくってもいいけれど、同時に2枚以上めくってはダメ。
こん棒が描かれたグラムは、狩猟場に置かれた他の人のグラムを上書き。
そして、もう配置しないと決めたら、自分の長老トークンを場中央に置かれている小屋におき、掛け声をかける。
あとは、各狩猟場の獲得条件を達成しているかチェックし、達成していれば合計数字の大きい人から順に獲物を獲得していくだけ。
獲得した獲物は、種類で組をつくらないと得点にならない。

リアルタイムアクションゲームで、さらに狩猟場のエリアマジョリティ狙い。

「グラム!(はじめの合図)」

バラバラと音がして、全員一斉にトークンをめくっては配置の繰り返し。
最初は何でもいいから欲しいけれど、合計数字20以上とか、誰かがきてくれないと無理。
慌てながらも慌てずに(ぉぃ

取れなそうな狩猟場は捨てて、取れそうなところに集中。
そして・・・

「黄色グラム!(狩猟終わりましたの合図)」

これで、私のグラムたちにこん棒をのせることが出来なくなったというw

「緑グラム!」

小屋がすべて占領されたので、狩猟時間終了。
速さも兼ね備えなきゃいけないとは・・・

最後は各狩猟場をチェックしながら、トークン分配。
組をつくるなら、種類は多いほうがいいよね。
ゲームが進むと、ちょっとずつ余裕が出てくる。

(あ。あそこ取れそう)

(誰もいないならいっちゃおう)

(2位になれるなら置いちゃえ)

便利なのは魔法使いタイル。
これがあると、トークン1個でも2個分として数える。
でも狩猟場は1位の人が取れるだけ。
とりあえず取っておいて、4ラウンド目に誰もこないので取っておいたというw

あっという間にゲーム終了。
得点計算をしてみると、勝ったのはなんと私。
やはり魔法使いタイル2枚が大きかったw

これ6人くらいいると、獲物をそこまで獲得出来なそう。
でも4、5人くらいが一番楽しそうかな。
3人は得点を取りやすいけど、トークン獲得の条件を達成出来ない狩猟場が多かった。
でも楽しかったし、考えなしでは得点に結びつかないところもよかったですw