・ガンジスの藩王
 Rajas of the Ganges(HUCH!:2017)


ガンジスの藩王

ムガル帝国を舞台に、交易や建設をして得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

大きなボードは両面仕様で、外周にはお金と名声トラックが描かれています。
各プレイヤーはダイス各色1個を受け取り、ダイスを振って出目をそのままでカーリー像に置きます。
さらに、自分の前に州ボードを置き、初期労働者を3個置きます。
ゲームはラウンド制。
手番では、自分の労働者コマ1個をボード上に配置し、該当するアクションを実行します。
出来るアクションは、石切場・市場・皇帝の宮殿・港の4ヵ所。
全員の労働者コマが置かれてアクションを実行したら、ラウンド終了。
これを繰り返し、誰かの名声とお金のマーカーが合流またはすれ違ったら終了フラグ。
該当のプレイヤーとスタートプレイヤーの間のプレイヤーは、労働者コマを持っていれば1回アクションをやってゲーム終了。
2つのマーカーを合流・すれ違ったプレイヤーの中で、2つの差分が高い人が勝者になります。

SPONSORED LINK

最初に持っている労働者は3個。
ゲームを進めていけば、名声トラックやお金トラックに置かれている労働者も使えるようになる(はず)。
そして、川の橋にも労働者コマがあるので、船がそこまで進めば使えるようになる。
こういうゲームは何をしたらいいのか、割と迷ってしまって見失うけれど、今回はわかりやすい。
なぜなら、アクションのほぼすべてでダイスを使うので、ダイスがなければ出来ない。
もちろん労働者コマがなければダメなわけで。

序盤から、いかにしてダイスを増やすかで必死。
アクションは先着順なので、どうしてもダイスが欲しければ1個もらえるところにいけばいい。
でも損した気分。
船を進ませることで、色々もらえたりするけれど、まだいいかな。
持っているダイスの中から1つを選び、これを捨てて別の色2個をもらう。
でもこれやっちゃうと、色が偏るので建設ではいいタイルを取れない。
運よくダイスの出目がよくて、常に5や6。
ダイスを振るたび「いいなー」と言われたけれど、時には小さい目も欲しいのよ。
宮殿では、ダイス目が決まっているんだもの。

他の人を見ると、ダイスを順調に増やして変えて、アクションを実行している。
いっぱいを一度に考えても上手くいかないので、余ってるところで出来ることを少しずつ。
あとは、出来るだけダイスをためこんでいく。
ギリギリの運用は、いざという時に悔しい思いをするからねw

お金を得るには交易。
交易するなら、まず州ボードにタイルを配置しないと。
他に優先度が高いアクションがなかったので、交易品が高そうなタイルを取って配置。
どうせなら、各種1個ずつか、1種類いっぱいがいい。
いっぱいは無理だろうから、各種狙いでタイルを集めていく。
その時に、タイルには交易品だけじゃなく、建物で名声を得る。
なるほど・・・改良しておけば名声も高くなる。
改良するには・・・で、目をつけたのが船。
マス数を数えて、宮殿で一気に6マス進んでみたり、地道に1マス進んだり。
欲しいものだけ狙いで。

序盤は地道なアクションで下地をつくり、中盤以降でこれが花開く。
序盤では、お金トラックを集中してあげて労働者コマを増やしていたけれど、今度は名声にシフト。
他の人がダイスで悲鳴をあげる頃、私のカーリーは手も含めてダイスがいっぱい。
交易品を売ってお金を獲得しつつ、建物が描かれたタイルを配置して名声をどんどん入れていく。
名声トラックの労働者も回収し、残るは橋に寝ている労働者。
でもダイスの出目が大きすぎて、船を進ませることが出来ない。
宮殿は埋まっている。
初めてのカルマ使いでダイスを逆転させ、5を2に。
これで船を進ませて、残っているカルマでさらにダイスを獲得したり。
ダイスには困らなくなってきた!

そして、ゲームを通して初めてで最後のスタートプレイヤーを取りに。
1名声もいいけれど、どうしても最初にアクションを選びたかったから。
こういう時はダイスの出目が1のがあったりする。
あとはもういいw

「みてみてー!ダイスいーっぱい!」

見せつけるw
労働者コマもダイスもあれば、他の人がアクションを終えた後でも、自分は出来るからね。
余りある(余ってないけど)ダイスを使い、州ボードを埋めていく。
交易は他の2人に埋められているけれど、お金がなければ名声を取ればいいのよ状態でw

そしてついに、てか、あと少し!あと少し!の状況が続いてようやく、私の名声とお金のマーカーたちがすれ違った。
これで終了フラグ。
トド吉が追いついてくるかな?と思ったけれど、建物で名声にブーストかけておいた分で何とかなった。
私の勝利。
正直に言って、これはうれしいw

ブラント夫妻作のこのゲーム。
最初、お金と名声が行き会うというのがピンとこなかったけれど、実際遊んでみると、なるほどという感じ。
どちらかだけでは遠い。
でも両方平等にするには、どうしたらいいのか。
アクションは先取りなので、時には貴重なダイスを1個使ってでもスタートプレイヤーを取りにいくのも大切でした。
勝てると思っていなかったので、喜びと楽しさが2倍になったのは言うまでもなくw
地道な下積みが実ると、かなりうれしいものです。
いつもそう上手くはいかないんだけどw

Rajas of the Ganges
Inka Brand
Huch & Friends
2017-12