・ドワーフの水晶
 Quartz(FunBox Jogos:2015)


ドワーフの水晶

ドワーフとなって鉱山で5日間働き、より高価な鉱石を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

メインボードをテーブル中央に広げ、袋の中に鉱石をすべて入れます。
各プレイヤーは、鉱石運搬車と宝箱カードを受け取ります。
ゲームは5ラウンドで、プレイヤーのアクション、鉱石売却、翌朝の順に実行します。
手番がきたら、袋から鉱石を1つ取る鉱石発掘、アクションカードのプレイ、鉱山から出るの3種類から1つを実行するだけ。
アクシデントに見舞われたり、鉱山から出たら、次のラウンドまで戻れません。
ラウンド終了時に鉱石を売却し、次のラウンドの準備。
これを繰り返し、5ラウンド終了時にゲームも終了。
持っている鉱石すべてを売却し、もっともお金を持っている人が勝者になります。

メインは袋から鉱石を引くチキンレースw
カードは赤・紫・青の3種類があり、それぞれ使うタイミングなどが違います。
いざ鉱石発掘に出発!

「袋から引く」

そりゃそうよね。
最初は誰だって袋から引くよね。

「私も引く!」
「おれもおれも」

この袋から鉱石を引くアクション。
注意しなきゃいけないのが、黒い黒曜石を引いてしまった時。
1個目はセーフだけど、2個目はアクシデント発生で、強制的にラウンドから脱落するのです。
最初は入っている鉱石も多いけど、黒曜石も引きやすい。
そして、1個目を引いてしまうと、本当の意味でのチキンレースがはじまるのです。

「このカード使う。いたるさん引いて」

他人に鉱石を引かせておいていいとこ取り。
引かされた人は黒曜石でも引き取らなきゃいけない。

「まだ1個も持ってないからいいじゃん」

ゲームが進むとこんなセリフが出てくるw
私は順当に鉱石を引き、早々に価値の高いアンバーを引いてしまう。

(これは狙われるな・・・)

鉱石は2個まで持ち越し出来る上に、同じ鉱石3個セットがあると、価値が上がったりするのです。
安い水晶3個でも、あればアンバー1個ば倍の値段で売却出来る・・・うん。帰ろう。
離脱したら、自分の鉱石運搬車を裏向きに。
最初に離脱したので、カードがもらえてお得。
あとは2人がやり合っているのを眺めているだけw

カードぶつけて攻撃したり、自分だけがいかに得をするのか考える。
でも黒曜石が1個出てくると、途端に消極的になる。
その様子は見ているだけも楽しいw

黙々と鉱石を集め、売却は一番高値のパターンをみんなで考える。
この面子ならではw

残り1人になると、カードだけでなくお金もついてくる。
これがあるから、1人が先に離脱しちゃうとチキンレースになる。
お金欲しいし、カードも欲しい。
お前が先に抜けろよ的なw

そして5ラウンドなんてあっという間。
もっと高い鉱石が欲しい。
そりゃ引くよね!

・・・まさかの1個目で黒曜石。

「うそだぁぁぁぁ!」
「はっはっはー!残念だね」

今まで、黒曜石を引き当てることがほぼなかったので、1個引いてかなり動揺。
うん。これはチキンになるのがよくわかる。
だって引いた鉱石は確保したいもん。
まぁ、あっという間に2個引いて終わったんだけど・・・

あとはトド吉といたるさんがやりあってるのを眺めてるだけ。
毎ラウンドこの展開だったような?w

そして5ラウンドが終わり、ゲーム終了。
持っている鉱石は強制売却。
勝ったのは私。

黒曜石2個で脱落なので、1個目を引いた時点でどう考えるかのチキンレース。
いくら安全策をとっても安い鉱石だと考えちゃうし、だったらとことん進みたい。
逆にいい鉱石を入手したら、取られる前に逃げたいw
わいわいと楽しい時間を過ごせました。