・ドギーバッグ
 Doggy Bag(BLAM !:2018)


ドギーバッグ

ボス犬に上納ホネを渡しつつ、寝ている隙にホネを奪うゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは衝立を持ち、受け取った初期ホネを衝立の内側に隠します。
場には戸棚カードと、1から7の数字と役割が書かれたタイルが並びます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは3つのフェイズからなります。
親プレイヤーがコイントスで決めた数の上納ホネを、順番に袋に入れるフェイズ。
親から順番に場の役割タイルを取り、効果を適用していくフェイズ。
最後に、タイルに書かれた数字分の骨を袋から取り出すフェイズ。
黒いホネを3本受け取ったプレイヤーは、ここでゲームから脱落。
タイルを場に戻し、次のラウンドへ。
これを繰り返し、1人以外全員脱落するか、残っている全員の衝立の内側にホネがなくなったらゲーム終了。
衝立の外側にあるホネで得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

今年は戌年!ということで、新年1個目のプレイ記事はこれで。
まずホネ型の木製コマがかなりいい。
ちょっと小さいし軽いけどw

衝立を受け取って、最初に持っていて今後上納していくホネを受け取り、衝立の内側に隠す。
このゲームの親切なところは、説明書にどっちが内側で外側がちゃんと描かれているところ。
「手前」とかだと、割と混乱の元だし。
お互いにホネを隠したら、早速ゲームスタート。

まずは上納ホネ。
本数だけ指定されているけれど、どのホネを入れるのはプレイヤーの自由。
そう・・・脱落してしまう黒いホネを入れるのも自由w
そして、役割タイルを見る。
数字は袋からホネを引ける回数で、もちろん1回に1本。
役割は自分を助けるくれるものもあるし、自分だけ得をするものもある。
とはいえ2人プレイなので、そこまでかぶることもないし、何本引くかだけ気にしていればいい。
役割が決まれ効果を適用して、終われば数字が大きい人から袋に手を入れる。

「よーし。まずは4本引いちゃうぞ!」

1本ずつ引いていくのが、ドキドキ感を誘う。
それを見つめる私。

(黒引け!黒引け!)

ところが、1本ずつ取り出されていくホネに黒はない。

(ちぇっ)

ところが、最後の1本で黒を取り出す。

「まぁ最後の1本だし、余裕余裕」

そう。引いている途中で黒いホネを引くと、そこで手番が終了するのです。
さらに、それまでに引いたグレー以外の色付きホネは戸棚の上へ。
そして私の番。
袋に手を入れること3回。
黒は1本もなく、すべて色付きのホネ。

とまぁ、こんな感じでゲームが進んでいくのです。
黒は3本で脱落なので、2本取ってしまうと人気が出る役割が0。
持っている黒いホネを戸棚へ移せるけれど、これをやると袋からは1本も引けないという。
戸棚の上から2本選んで取れる役割もあるけれど、黒ばかりだと人気がない。
何というチキンレース。
まぁ、ボスが寝ている隙にホネを奪うのだから、そりゃチキンレースかw

そして、お互い衝立の内側のホネを入れて、最後のラウンド。
ホネは色によって得点が違う。
トド吉は、最後ということで強気で攻める。
私は安定を求めて、3の役割で1本引いておいて、手番でさらに引こうという算段。
ところが・・・役割で1本引けたのみで、最後の手番では1本目に黒。

「あぁぁぁぁ!まさかのここで引いたー!」
「はい、残念ですねー」

失意のゲーム終了。
お互い獲得したホネの得点を計算してみると、僅差でトド吉の勝利。
犬なのに!犬好きなのに!
ポケモンGOの伝説で、犬なら投げればボールに入る簡単さだったほど愛情あるのに!

こういうゲームは、より多い人数のほうが楽しいのは仕方なし。
6人まで遊べるので、人が集まった時にさくっと盛り上がる良ゲームじゃないかな。