・ノームの村
 Schuttel's(Zoch:2017)


ノームの村

カップを使ってノームを振り出し、アクションを実行してお金を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ボードには、数字とアクション、倉庫が描かれています。
各プレイヤーは、初期資金と自分色の商品を受け取ります。
ノーム置きを組み立て、カップにすべてのノームを入れたらゲームスタート。
手番では、すべてのノームを入れたカップとノーム置きを持ちます。
カップからノームを振り出し、出てきたノームの数のマスでアクションを実行するだけ。
これを繰り返し、2人のプレイヤーの商品がなくなるか、倉庫のすべてのマスに商品が置かれたらゲーム終了。
もっとも所持金の多いプレイヤーが勝者になります。

大切なのは、カップからノームを振りだすのは『1回の動き』でやること。
うっかり2回以上振りだすと、所持金から40金をボード中央の市場に支払って手番が終わります。
実はこのゲーム、遊んでみるとすごく楽しいことがわかります。

「よっしゃー!いくぜー!」

カップを握り、一瞬でノームをカップから出す。

「うわ!全部出ちゃった!」

15は不幸なマス。
所持金から40金を市場に支払います。
これは意外に難しいぞ。

続くいたるさんは、うまくノームを振り出し、作業場マスに商品を置いている。
作業場は建物毎に値段が違う上に、後から誰かが入ってくるとどんどん値上がりするのです。
キリのいいところで売却出来ないと、1金ももらえず倉庫送りになりますがw

「やったー!14!」

14のマスは市場。
つまり、市場に置かれているお金を全部獲得出来るのです。
誰かが取ったら、銀行から40金が補充される素敵な場所。
てか、それさっき私が置いたお金も入ってるじゃないのw

この『カップから振り出す』のが、意外な難しさ。
そして、軽く振りすぎてノームがまったく出なかった時の切なさ。
うっかり2回振ってしまうと、罰金払わなきゃいけないし。
おかげで盛り上がるw

中盤までは、作業場に商品が少ないし、倉庫も空きがいっぱいあったので終わるのかな?と思ったけれど、それは単にみんなのノーム振り出しが下手だったせい。
トド吉はひたすら14でお金を回収しているし、私といたるさんは失敗して罰金取られたり。
ダメな2人は協力し合うようになり、せっせと作業場に商品を置いていく。
もうちょっと値上げしてから、と考えているうちに、狙った数が出てくるわけがないノームのおかげで、倉庫送りは数知れず。
終わってみれば、1人でこそこそ商品を売り、14でお金を集めていたトド吉の勝利。

いやこれ楽しい。
というか、こういうゲームこそ、人が集まった時にプレイしてほしい。
単に振り出すだけではなく、作業場での商品置きやタイミングを見計らう売却。
ちゃんとしたゲームになっているところが、さすがZochとしか言いようがない。
頒布会できたので一般流通はまだのようですが、大笑いしたり悲鳴あげたりしつつ、一度は楽しんでもらいたいゲームです。
お正月に集まって遊ぶのにはちょうどいいけど、流通は年明けかな?とのこと。
盛り上がりが嫌いな人は、絶対遊んじゃダメのような気もするけどw