・マジェスティ
 Majesty: deine Krone, dein Konigreich(Hans im Gluck:2017)


マジェスティ

人材を雇用し、自国を繁栄させていくカードゲームです。
おのさん・翔さん・トド吉・私の4人でプレイ。

このゲームでは、カードにA面とB面のがありますが、今回はA面で。
各プレイヤーは、同じ内容のカード8枚を受け取り、アルファベット順で自分の前の領地に並べます。
次にミープルカードを受け取り、ミープルを配置します。
場には人物カードの山札を置き、その横に人物カード6枚を表向きで並べます。
手番がきたら、場に並ぶ人物カードから1枚取り、山札からカードを1枚補充します。
取った人物カードを、自分の領地にある建物の下に配置します。
その後、建物の効果を発動するだけ。
これを繰り返し、各プレイヤーの領地に12枚の人物カードが配置されたらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

すごくシンプルなルール。
カードを選んで取って並べて、並べた建物の効果を発動するだけ。
早速ゲームスタート。

赤いのはわかりやすく攻撃になっているので、序盤はそこを避けながら。
カード効果には必要とするものが描かれているので、逆算的にカードを集めていく。
カードを取る時には、山札から一番遠いところはコスト0。
でもそれが欲しくなければ、持っているミープルを払うことで違うカードを選べる。
とはいえ、山札に近付けば近付くほど、コストが増すわけで。

のんびりとカードを増やしてマジョリティを狙っているのも序盤だけ。
中盤になると、きっと赤いカードを取る人がいるだろうなぁと思い、防御はあげておく。
どんなカードでも、ゲーム終了時には枚数でも得点が入るので、持っていて損はない。
そして予想通りに、翔さんが赤い兵舎にカードを配置。
防御があればいいけれど、なければ負傷してしまう。
負傷したカードは魔女の家で回復は出来るけれど、回復出来なければ終了時に減点。
やられるなら、先にやってしまえ!精神で、赤い兵舎重視に方針転換。
誰かがトリガー引いてくれると、攻撃しやすいわけでw

防御も忘れてはいけないので、ここからは兵重視。
とはいえ、各種類でマジョリティがあるので、防御出来て攻撃出来て、他のものも程々に。
後半になれば、明らかにマジョリティ取れないのは捨てる感じで。

ゲームはこんな感じで進んでいくので、派手な盛り上がりがあるわけでもなく。
終盤ではカード枚数の調整にはいったり、誰がマジョリティを取っているか気にしたり。
そうこうしてるうちに、ゲーム終了。
勝ったのは私。
あれだけ攻撃していれば、ねw

このゲーム、エッセンで遊んできました。
ハンスに箱絵が相まって、ものすごく期待していた部分があったのは否めません。
次はB面で遊んでみて、また感想を書けたらなぁと思っています。
A面は正直、物足りなかったというか。
コテコテにテキストが書かれているゲームよりは遊びやすいけど・・・でした。
次回、B面に期待。