・永遠の始まり
 Das Fundament der Ewigkeit(Kosmos:2017)


永遠の始まり

時には改宗しつつ、カソリックとプロテスタントのどちらかを信仰して商館を建て、宗教戦争に勝ながら得点を獲得していくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

大きなボードにはヨーロッパの一部が描かれていて、各国には商館置き場が描かれて、売却出来る商品が示されています。
さらにアクショントラックが、ボード隅に描かれています。
各プレイヤーは、6色のダイスセットと自分色の商館、マーカー類、宗派カードを受け取ります。
ランダムで決まった宗派に属し、信仰ダイスを宗派カードの上に置きます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは上半期と下半期に分かれています。
上半期では、手番がきたらダイス目を1つ減らすことで、人物カードを使用します。
ダイス目が1で下げられない場合はカードを破棄、そして改宗のチャンス。
人物カード上にあったダイスは、カードを破棄してダイスをフリーダイスとして置きます。
信仰ダイスは、改宗するかどうするか決め、ダイスを振って再びカードの上に置きます。
全員が手番を終えたら下半期へ。
下半期では、手番がきたらフリーのダイスを振り、人物カードを選択して商館を配置します。
フリーダイスはすべて振り、その中から1つを選んで、色が一致するカードを取ります。
この時、カード上にのっていた信仰マーカーをその国に配置し、空きマスすべてが埋まったら手番終了時に宗教戦争へ。
ダイス目と同じ数字の商館マスに自分の商館を配置します。
最後にフリーダイスを使って、アクショントラックを移動させて、アクションを1回実行したら手番終了。
宗教戦争が起きなければ、次の人の手番へ。
上下半期が終わればラウンド終了で、スタートプレイヤーが次の人へ移動します。
これを誰かが50点に到達したラウンドを最後までやり、最終得点計算へ。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

文章で書くと長いけど、実際はやることが決まっているので難しくはないです。
前半で持っている人物カードの効果を適用し、後半で人物の上にのっていないダイスをすべて振って、どれを使うか選ぶだけ。
最後にアクショントラックで何かアクションを実行すれば、あっという間に1ラウンドが終わるわけで。
獲得した人物カードをどの程度使えるかは、ダイス目次第w
一度のせてしまうと、ダイス目が1になるまで戻ってこないことも考慮しつつ。
さらに大切なのが宗教戦争。
人物カードが取られると、上にのっている宗教マーカーがその国に置かれるんですが、4個たまると強制宗教戦争。
この時、マーカーの数を見て、多いほうが勝ちます。
問題は、自分がその時どちらの宗派か。
多数派に属しているなら、商館を置いているマスの数字が勝利点に。
負けた場合は、得点が入らないどころか、商館が撤去されてしまうという。
逆に言えば、商館を置いてなければ、どちらに加担しようか自由(ぉぃ

まずは人物を手に入れる。
そしてダイスを置く。
最初は何も持っていないので、さして気にすることなく置いていくも、商館を置く位置は気になる。
同じ数字で誰かが後からはいってきたら、1つ小さい数字に動かされてしまう。
それに宗教戦争になると、置いてある場所の数字がそのまま得点だし。

ところが、カソリック優勢の国に出てきた人物カードは、なぜかプロテスタント。
そのあたりも考えつつ、自分の宗派が勝つことも意識して。
序盤こそ、2対2になっていたけれど、いつの間にかママだけ宗派1人状態に。
実は手番がくるたび、宗派に1人だけだと1点がはいってくる。
あれ?これは意外においしいのでは?

商館を置くために大きい数字のダイスを配置しても、逆にいつまでもダイスがフリーにならない。
もっと良い人物がいたとしても、破棄出来ない以上、いつまでも待つ。
宗教戦争が起こらないと、せいぜいアクションで商品売却程度。
売却は決まった数しか出来ないので、出来る時は売却。
でも国が合わなくて売るものがなかったり。
アクショントラックもかなり大切。

自分の手元にカードが増えてくると、どうしてこれを取ってしまったんだろう?と思うこともしばしば。
得点をこまめに獲得するなら、カード入れ替えは多いほうがいい。
でも自分が勝てないのなら、動かないほうがいい。
状況次第でどっちにも転ぶ。

改宗のタイミングで、いつまでもママを1人にしてはダメだと改宗。
これで1点は阻止したけど、もっと商館を有効活用出来ないものかと悩む。
まぁ、結局出来ないんだけどw
ルールが簡単なのに、考えなきゃいけないことは多め。
商館を建てたい、でも宗教戦争になったら負けて除去される。
だったらこっちで妥協したいけれど、ダイス目が大きすぎる。
得点トップの人の商館を破棄したいけれど、今は宗教が一緒で出来ない。
あれもこれも考えなきゃいけないけど、考えても仕方ない部分も。

夢中になって改宗したり、人物を手に入れたりしていたら、気付けば50点にマーカーが。
このラウンドで終わってしまう。
他に何か出来ないのか、最後はみんながみんなで考える。
こういう時、こういうのっていいなぁと思うのです。
自分の利益誘導じゃなくて、何が私にとって最善か提案したり考えてくれるところw
そしてゲーム終了。
勝ったのはおやじさん。

いわゆる大聖堂シリーズの中では、一番遊びやすかったかも。
でも大聖堂をプレイしたのがかなり前だし、その次の果てなき世界もかなり前なので、自分の経験値が上がっているかもしれないけれどw
すごくすっきりしていて、改宗のタイミングでどうするか場を見て判断するだけ。
あとは人物をどう集めるか、ダイス目をどう使っていくかはプレイヤー次第。
プレイ時間も1時間超でしたが、夢中になって遊んでました。
4人だからおもしろかったのかも知れないけどw