・フリークショップ
 Freak Shop(Catch Up Games:2016)


フリークショップ

商品を集めて得点を獲得するカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、プレイ順で構成の違う商品カードを受け取って自分の前に並べ、場にも共用の商品カードを並べます。
目標タイル3種類を1枚ずつ表にします。
手番がきたら、自分の手元にあるカードと場にあるカードを1回だけ交換します。
交換は、同数もしくは等価交換のどちらか。
最後に、山札からカードを場に補充して手番終了。
これを繰り返し、補充の時に閉店カードが出てきたら、ただちにゲーム終了。
手元に持っているカードと目標タイルの得点を合計し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

「これカード増えるの?」
「増えるよ。大丈夫」
「ふーん」

いまいちピンときていなかった私だけど、2回くらい交換をやって理解。
3を1枚場に出すと、3になるように取れたり、違う数字1枚と交換出来たり。
2を2枚持っていたので、場にある5を2枚と交換したり。
ちなみに7・8・9の合計値で、24になるようにカードを大量に持って行くトド吉。
そうやるのか!
数字を上手く使ってカードを増やすのは、やってみればすぐわかった。
問題は、どうやって増やすか。
今回タグがついてるカードでもタグの数を競う。
だったら、同じカードでもタグがついているほうがいい。
場にはどんどんカードが補充されるので、選択肢が増えれば増えるほど、トド吉には取られたくない。

5を1枚出して、1のカードを5枚引き取り、待つのは大きい数字。
最大値は10なので、1枚持っていると色々便利そう。
手元のカードは、出来るだけ通し数字になるように・・・そんなうまくいくかー!

終盤になると、選択肢が増えすぎて逆につらい。
でも10が出てきた時だけは、素早く10を交換してくる。
タグ付きにこだわりすぎて、思い切った手をいつ打つのかもドキドキ。
その点、トド吉は上手にカードを交換して増やしている。
人の振り見て我が振り直せの精神でw

通し番号にこだわりすぎ、気付けばゲームも終盤。
山から補充されるたびに「そろそろ終わるんじゃないかな」と言っていたトド吉。
ところがなかなか出てこない。
カードを山札から取るにも、一種の緊張感が漂う。
そして、ついに山札から閉店カードが出てきて終了。
得点は一応計算してみたものの、すごい枚数を集めていたトド吉の勝利。

ルールは簡単なのに、カードを増やすということがピンとこなかった。
でもわかってしまえば、逆にどうしたらいいのか悩むばかり。
これは2戦目からが本当の勝負。
2戦とも負けましたけどねw


・ゲームストアバネスト:フリークショップ