・ムチョマチョ
 Mucho Macho(dV Giochi:2017)


ムチョマチョ

カードを出して数値を比べ合うカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、同じ内容のカードセットを持ちます。
ゲームは9ラウンド。
すべてのプレイヤーが手札から2枚選んで裏向きに出し、一斉にオープン。
次に、出したカードでヒット力を比較して、オーダーカードを取ります。
最後に出されているすべてのカードから、オーダーカードの順に賞品として2枚のカードを取ります。
この時、賞品価値の高いほうを手札に加え、もう1枚をプレイスホルダーカードの下に入れます。
これを9ラウンド行ったらゲーム終了。
プレイスホルダーカードの下に入れたカードの賞品価値を合計し、もっとも高い人が勝者になります。

ハイストライカーがテーマと聞いて、それ何?と思ったけれど、あれ。
ハンマーで叩いてびよーんって上がるあれ(ぉぃ
叩いた結果出てくる数字をカード2枚で表す感じ。
カードは比べる数字の他に、賞品としての数字も書かれていて、小さい数字だと賞品価値が高くて、数字が高いと賞品価値が低い傾向。
早速ゲームスタートしてみるも、最初はどのあたりを狙えばいいかわからない。
とりあえず、中途半端な数字で出してみる。

「3と0で30ね!」
「8と4で84!」

カードの大きい数字が必ず十の位になるのです。
大きい人から、出されているカードすべてから2枚選ぶ。
まぁ、賞品価値高い0と3で、私の出したカードが根こそぎ取られる。
残ったカードを回収して、賞品価値が低いほうを自分のアイコンが描かれているカードの下に差し込む。
あれこれ・・・シビアな数字比べじゃないの?カード残量も意識しないとダメなやつ。
9ラウンド終わった時点で、手札に残るのは1枚。
毎ラウンド1枚ずつ手札が増えるし、出された中から好きなカードを選べるから、手札の内容も変わってくる。

その後もカードを出すたびに、低い数字のカードが欲しいけれど自分では出したくないが続く。
トド吉から大きい数字を奪えるのはいいけれど、賞品価値を下げたいから中途半端な数字も欲しい。
終盤に向かうに従って、出したくないのに出して取られてしまうが連発。
トド吉悲鳴w
そして最後は温存していた90台で出しておいて、トド吉が出していたカードをもらって終了。
上手くいったのは中盤以降だったので、僅差で敗北。
差し込んだカードに0が何枚もあったので、仕方ないかな。
悔しいのとゲームが簡単だったので、続けてもう1戦。
知れば知るほど、カード選びで悩んでしまうのは仕方なし。
2戦目も負けたんですけどね・・・えぇ。

強烈な箱絵でチェックしていたエッセン新作。
思っていたよりルールが簡単。
そう・・・ルールは簡単なんですが、これ2人だとかなり熱い。
何せ出したカードの賞品価値が重要すぎて、相手にいかに0価値のカードを押しつけるかにかかってくる。
人数が多いとわいわい盛り上がるだろうけど、2人は2人でかなり良かったです。
マッチョ
箱絵だけじゃなくて、一部カード裏面でもアピールしてたw

・ゲームストアバネスト:ムチョマチョ