・あぶない、工事中!
 Achtung, Baustelle!(HABA:2016)


あぶない、工事中

現場監督の指示に従って、現場に重機を派遣するカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーはカードセットを受け取り、建設現場カードは自分の前に置き、9種類の重機カードは手札にします。
指示カードをよく混ぜ、テーブル中央に裏向きで山にして置き、隣りに現場監督のベンを置きます。
手番がきたら、指示カード山の一番上をめくり、全員が見えるようにします。
カードに重機が描かれた指示カードだったら、全員一斉に自分の手札から描かれている重機すべてを自分の建設現場カードの上に出します。
一番早く出した人は、素早くベンのコマを取って「やめ!」と言い、全員手を止めます。
正解してたら指示カードを獲得しますが、間違っていたら残りのプレイヤーで続けます。
ベンがトイレに行くカードだったら、素早く自分の建設現場カードを裏向きにし、素早くベンのコマを取ってトイレの上に置きます。
これを繰り返し、指示カードの山がなくなるか、決めておいたラウンド数が終わったらゲーム終了。
指示カードをもっとも多く獲得した人が、勝者になります。

工事車両ってだけで、子どもには人気ありそう。
そんなことを考えながら、手札をよく見る。
わざとなのか、わかりにくいような気がしてくる。
そして、指示カードの一番上がめくられ勝負。

素早く手札の中から重機を選んで・・・選んで・・・わかりにくいよ!
落ち着いて見てる時は、簡単に見分けがつくのに、慌ててると間違えそうになる。何度も。
出せたと思ったらベンを取り

「やめ!」

全部正解で指示カード獲得。
幸先良い出だし。
こんなに簡単なら、あっという間に勝てる!とか思っていました。
何ラウンドやるのか決めてなかったので、トイレが出てくるまでやろうということに。

私が圧倒的な強さを見せ、獲得カードが積もってきた頃。
目が滑るんです。
ずっと重機を見つめているせいか、目が滑る。

「やめ!」

うれしそうなトド吉がストップの合図。
ここから何回か、とにかく目が滑りまくって、まったくカードを出せない。
こんな落とし穴があったのか・・・(違

それでも私の優位は変わらず、どんどん積もっていく指示カード。
お互い目が滑り出すとどうにもならない。
年かな・・・?w

その後もトド吉の現場には重機が到着していなかったりと、慌ててるのがよくわかる展開。
そして、私が16枚獲得した次のラウンドで、ようやくトイレが。
素早く自分の建設現場カードを裏向きにしてベンに手を・・・

トド吉がベンをトイレに連れ行きました。
私といえば、慌てて裏返しにしたので、なぜかカードが遠くのほうに飛んでました。
トイレ
イラストが今にも漏れそうな感じに可愛らしいというかw
ゲームはここで終了に。
私が圧倒的な強さを見せつけ、トド吉の倍以上獲得して勝利!

最初にルールを見た時は、ここまで真剣勝負になるとは思っていなかったし、もう少し簡単だと思っていました。
いや、ルールはすごく簡単。
とにかく速さ勝負。
色でおおまかな判別をするのに、同じ色の重機があるので間違えやすい。
おかげで出遅れて、それがまた悔しい。
思っていたより楽しくて、目が疲れるゲームでしたw


・高円寺0分すごろくや ゲーム紹介:あぶない、工事中! / Achtung,Baustelle!